いい子でいるか、サンタは本当に見ていますよ…クリスマスツリー用オーナメント「Santa Cam」が話題に

いい子でいるか、サンタは本当に見ていますよ…クリスマスツリー用オーナメント「Santa Cam」が話題に

サンタクロース「良い子にしているかな? チラッ」

子どもにとってのクリスマスの楽しみといえばプレゼントを貰えることですが、それは良い子にしていればの話。クリスマスの定番ソング『サンタが町にやって来る/Santa Claus Is Coming to Town』の歌詞に「He sees you when you're sleeping. He knows when you're awake」とあるように、良い子にしているかどうかはサンタクロースが見ていると言いますよね。

Santa Cam(サンタカム)はそれを現代風に解釈して、オーナメントにカメラのレンズと録画中の赤いランプを描いて、まるでサンタクロースの監視カメラのようにデザインしたものです。

これが話題になり、今EtsyなどではたくさんのSanta Camが販売されています。The Huffington Postによれば、イギリスのギフトショップEmmiroo’s Photography and Giftsでは、より本物の監視カメラに似せてライトが光るSanta Camを製作。「今年はみんなのことをきちんと見張る必要があったので、北極にいる私に中継するカメラを取り付けました」というサンタさんからの手紙まで添えています。

さらには自作する人まで現れており、A Little MooreDIYの動画も出ていますよ。

Santa Camが本物の監視カメラなら、サンタクロースがオーウェルの小説『1984年』に出てくるビッグ・ブラザーみたいだと思えなくもないですが、サンタの存在を信じる無邪気な子どもはこんな反応をしていて、微笑ましいかぎり。

悪さをする子だってプレゼントは欲しいもの。カメラで見られてるとなれば態度を改める…はず?

クリスマスの関連記事:
AppleのクリスマスCMにフランケンシュタインの怪物が登場
Appleのジョニー・アイブが次にデザインしたのは…クリスマスツリー!

image by Satyrenko / shutterstock.com
source: The Huffington Post, Twitter, Emmiroo’s Photography and Gifts, Facebook, A Little Moore, Instagram
(たもり)