Twitterにライブ配信機能が搭載。数タップで楽々スタート

Twitterにライブ配信機能が搭載。数タップで楽々スタート

つぶやくように、ライブ放送を。

Twitter(ツイッター)といえば2015年にライブ配信サービス「Periscope」を買収していますが、目指す到着点はここだったのでしょう。Mashableによりますと、TwitterTwitterアプリへのライブ配信機能の搭載を発表しました。

もっと読む:
ついに! Twitterのタイムライン上でPeriscopeの再生ができるようになったぞ

使い方は簡単。いつもツイートするように投稿画面を開き、カメラからライブボタンを選択するだけでライブ配信が開始できます。この機能はPeriscopeのものを用いているのですが、Twitterアプリ1つでライブ配信を開始できるのは好印象です。

画面の右下には集まったハートマーク、左側には寄せられたコメントが下からせり上がるように表示。動画を見ているだけで、なんだか自分でも試したくなってきますね!

私もライブ配信機能を試してみましたが、手元のiPhoneで撮影している動画がPC上の自分のツイートで配信されているのは不思議な感覚。これでパーティーやライブイベントだけでなく、より政治的、あるいは歴史的な一瞬もライブ配信にて世界中に届けられることでしょう。

なお、ライブ配信機能の利用にはPeriscopeのインストールは必要ありません。やったね!

もっと読む:
トランプ次期大統領のレア画像、あります
TSA職員がTwitterで呼びかけ「空港手荷物検査場にラップトップ忘れる人多数。とりにきて!」

top image by The Verge
source: Mashable, Twitter 1, 2
(塚本直樹)