Uberの自動運転車が信号無視。「自動運転だけど自動運転じゃなかったし!」とめちゃくちゃな言い訳

  • カテゴリー:
  • News

Uberの自動運転車が信号無視。「自動運転だけど自動運転じゃなかったし!」とめちゃくちゃな言い訳 1

人間です、人間が悪いんです!

米国現地時間で12月7日水曜日、Uberはサンフランシスコで自動運転車でのサービスをスタートさせました。が、その数時間後、早くもUber自動運転車が信号無視をしたという報告が…。

信号無視したのはUberの「XC90s」。7つのカメラ、レーザー探知システムなどを搭載したVolvo車です。SFExaminerに掲載された後続車の車載カメラの動画を見てみると、サンフランシスコのFourth Streetにて、交通量の多いなか、信号機が黄色になり先を急ぐ数台の車。そして、信号が赤に変わったあと、ゆっくり平然と進むUber車…。7つのカメラは一体何を見ていたのか、システムに根本的なバグがあるのではないかと心配になる動きです。

この信号無視に対するUberの担当者のコメントBuzzfeedが掲載しています。曰く、人為的ミスだった、と。つまり、自動運転モード発動時ではなく、同乗していたドライバーが信号無視をしたというのです。ちなみに、この時乗客はおらず、このドライバーはすでに職務停止処置がとられ、詳しいことは調査中とのこと。

さらに、「これこそが、自動運転Uberを開発することで、より安全な道路作りができると思う最たるもの」と自動運転車の必要性を力強くアピール。なんでしょう、なんか少々モヤモヤしますが、そういうことだそうで…。

さて、疑問に思う人もいるのでしょう「自動運転車なのに、人が運転してたのか?」と。実は、現段階ではUberの自動運転車は真の自動運転車ではありません。自動運転を試しつつも、乗っているドライバーが目を光らせ、もしもの時は対応するという状態なのです。サンフランシスコでサービス開始直後に、カリフォルニア州から「許可を得ていない、違法だ!」と横やりがはいるも、「ドライバーが乗ってるから自動運転ではない。許可は必要ない!」と、Uberは言い返しましたから。自動運転車でサービス開始としつつも、自動運転車じゃないからセーフという、これもモヤモヤしますが、そういうことだそうで…。

モヤモヤするUber…。

もっと読む:
Googleが自動運転車で新会社「Waymo」設立。でも完全自動運転はおあずけに?
Uber五箇条:これヤったら出禁

image by Charles Rotter - YouTube
source: SFExaminer, Charles Rotter - YouTube, Buzzfeed, The New York Times

Bryan Menegus, Hudson Hongo - Gizmodo US[原文1原文2
(そうこ)