キャリーもリュックも対象! 飛行機の座席上の荷物棚、まさかの有料制へ

  • カテゴリー:
  • News

キャリーもリュックも対象! 飛行機の座席上の荷物棚、まさかの有料制へ

格安航空なんて大嫌い!

ここ数年で続々と利用者が増えている、いわゆるLCC格安航空。その破格の航空券プライスは魅力ですけど、機内食はすべて有料で、預ける手荷物にもお金がかかっていくなど、利用するスタイルによっては、あまり割安感を味わえないという厳しい指摘もあるようですね。安ければどうでもいいのか? 最低限のサービスしかないことを、どのように評価するかが問題だったりもするようです…。

そんなLCCの参入によって、ますます仁義なき価格競争を強いられている航空会社ですが、このほどUnited Airlinesは、新たに来年より、通常のエコノミークラスの下へベーシック・エコノミー(Basic Economy)なる新料金プランを設定すると発表。最大の特徴は、最低価格で旅する人へ、機内に持ち込む荷物を、座席下に入る小さなもの1つだけに制限することにあります。あの機内で足を伸ばす狭いスペースへ収まらないものは、基本的に頭上の荷物収納棚へ入れていると思いますが、その利用まで有料になるという業界きっての驚きの新料金制度ですよね。

すでに米国内では、このUnited Airlinesの課金スタイルを知った人々から、SNSへ怒りの投稿があふれています。大きなキャリーバッグでも空港で預けず、機内へ持ち込んで頭上の棚に入れる人が増えたため、それを有料にすれば持ち込みを見合わせる人が出て、荷物収納棚がいっぱいになる混乱を防げるはず〜。実は利用客のことを考えてのことだとの同社の釈明に、結局は大勢の人々から金を取る値上げ策の一環だと批判が相次いでいますよ。

高い航空運賃を支払う代わりに、ジュースからアルコールまで、なんでも無料で機内で飲めて、映画をはじめとする各種エンターテインメントを各座席から楽しめたのもいまは昔。多くの格安航空会社を利用すると、家族や友人で並んで座る座席を指定したり、機内でクッションやブランケットを頼むのにもお金がかかる時代となりました。そして、まさかの頭上の荷物収納棚の利用まで、ついに有料へ! このままいくと、次はなにが有料になってしまうのか、あまり考えたくはないですけどね。

飛行機で一番人気が殺到する座席ってどこ?こんなアクロバティックな飛行機の座席はいやだ!

image: robypangy / Shutterstock
source: Washington Post

Matt Novak - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE