マルチエンディング式のVRアニメ『Project LUX』。今年の冬コミで先行販売予定

マルチエンディング式のVRアニメ『Project LUX』。今年の冬コミで先行販売予定 1

アニメーションと体験が近づくとき。

ライトノベル『狼と香辛料』の作者、支倉凍砂さんが主宰する同人サークル「Spicy Tails」が、オリジナルVRコンテンツ『Project LUX』のプロモーション映像を公開しました。

映像はSpicy Tailsの公式YouTubeチャンネルより。

本作品はマルチエンドVRアニメと称され、登場人物の視点を追体験する物語的な構成になっているのが特徴。電脳化という設定とVR体験って、類似しているところもある気がしますね。公式サイトの紹介によるとムービーの総尺は65分(!)もあるとのこと。

ヒロインであるルクス役をつとめるのは、アニメ『干物妹! うまるちゃん』の土間うまる役などで知られる田中あいみさん。全方位うまるちゃんボイスも極楽ですが、アニメ的なキャラクターとのVR内コミュニケーションというのは、リアル路線をゆく『サマーレッスン』などとはまた違った感覚になりそうです。

2016年12月29日(木)の冬コミ(コミックマーケット91)にて先行販売が予定されており、特典としてルクスのプロマイド風スクショが付いてきます。かわいい。

かわいい(かわいい)。

一般販売は2017年初旬頃から。Steam、OculusStoreなどのオンラインプラットフォームでのDL販売を予定しています。同人アニメ界隈にもVR波が来るとするなら、いよいよ二次元の世界が近まる…ッ!

もっと読む:
アニメ『四畳半』スタッフが集結! 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』が劇場アニメ化
東映アニメーション60周年記念映画『ポッピンQ』が、ドスパラ全店のVR体験コーナーに!
ジブリアニメのシーンとその元ネタと思われるシーンを並べて比較

image by YouTube
source: Spicy Tails, YouTube, Twitter

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

    powered by CXENSE