アップデートは取り下げ。「watch OS 3.1.1」の不具合で一部のApple Watchが使用不能に。

アップデートは取り下げ。「watch OS 3.1.1」の不具合で一部のApple Watchが使用不能に。 1

おっと危ない。

iOS 10.2」とともにリリースされたAppleの「watchOS 3.1.1」。インストールすると一部のApple Watch Series 2が使用不能になるという不具合が報告されていると、Mac Rumorsが報じています。現在「watchOS 3.1.1」は取り下げられ、「watchOS 3.1」がApple Watchの最新バージョンとして提供されています。

imgurに投稿されたこちらの画像。赤い「!」マークが出て「apple.com/help/watch」の文字が…。

この状態になってしまったApple Watchユーザーは、Apple Watchの画面が表示されるまで、サイドボタンとデジタルクラウンを10秒間長押しして、手動でのリセットを試してみましょう。それでも文鎮化が解けなかった場合は、Apple Storeに行って、解決してもらうなり交換してもらうなどの対処が必要です。

米Gizmodoでは、現在Appleにコメントを求めていますが今のところ返事がないそうですが、同社からArsTechnicaへこのようなコメントがきたようです。

watchOS 3.1.1をインストールした非常に少数のApple Watchのお客様に、この現象が起こっています。現在予防策として、ソフトウェアアップデートを取り下げています。影響のあったお客様はApple Careにご連絡ください。無事インストールできた方は特にアクションを行なう必要はありません。次期アップデートで修正します。

Appleのソフトウェアアップデートの影響でデバイスが文鎮化してしまうという問題は今回が初めてではありません。iOS 9.3がこの春リリースされたときには、一部の古いiPadがAppleのサーバーでアクティベート不能になって使用不能になった事案がありました。バグのないアップデートはなかなか難しいんだなあ、と改めて思います。

もっと読む:
・iOS 10.2にすぐアップデートを。パスコードなしで端末にアクセスされるバグに対応
watchOS 3.1アップデートで、新型Apple Watchのバッテリー持ちが大幅に向上したっぽいぞ…!

image by Gizmodo
source: MacRumors, imgur ArsTechnica

Christina Warren - Gizmodo US[原文
(mayumine)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE