全曲8ビット化されたドラマ『ストレンジャー・シングス』のサントラが登場

全曲8ビット化されたドラマ『ストレンジャー・シングス』のサントラが登場 1

丸々1枚、全36曲が8ビットになりました。

SF&ホラー映画好きにはたまらない、Netflixのオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス』。舞台が80年代ということで、80年代風のポイント&クリック・ゲームにオマージュされたり、ファミコン風8ビット・アニメでダイジェスト版が作られたり、さらにはNetflixが公式に8ビット風ゲームを公開したこともありました。

そしてこのたび、サウンド・トラックまでもが8ビットにリミックスされてしまいました。作業用BGMとしても良さそうですよ!

こちらはWWGが取り上げたGruberによる動画『ストレンジャー・シングス サウンド・トラック Vol.1(チップチューン・エディション)』でした。

元々はカイル・ディクソンマイケル・ステインが作曲を担当しているこのサントラ。それをGruberことクリス・ドネリーさんがウマいこと8ビットにアレンジ&リミックスしています。

ちなみに動画で見られるピクセル・アートは、1985年からゲーム業界でドット絵描きを生業にしているTassilo Rauさんによるもの。

『ストレンジャー・シングス』の音楽面での影響といえば、セリフから作っちゃったミュージカル・トリビュート動画や、怪しくメタライズドされたテーマ曲カバー、さらにはネズミDJことdeadmau5がご自身のシンセサイザーでテーマ曲を好き放題にアレンジしたことなどもありました。

映像だけでなく音楽面でも他方に影響を与え続けるこのドラマ。待望のシーズン2ではどんな音楽が聞けるのでしょうか?

現実の都市伝説がネタ元? ドラマ「ストレンジャー・シングス」に影響を与えた陰謀論12選
米国エネルギー省はドラマ「ストレンジャー・シングス」と同じく平行世界の扉を開けようとしている!?

image: YouTube
source: WWG, YouTube, GRUBERmusic, bumblebee.

岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by CXENSE