Acerから、ラップトップとは思えぬ豪華スペックのゲーミングPC「Predator 21 X」が発売

Acerから、ラップトップとは思えぬ豪華スペックのゲーミングPC「Predator 21 X」が発売 1

新年早々、爆買いしてみたいあなたへ〜。

大画面スマホやタブレット端末の性能向上に脅かされてつつある、ラップトップPC。しかしながら、まだ決して両者には譲れない分野として、最強ゲーマー仕様ハイスペックモデルが存在しているそうです。

そのなかでも、数々のゲーミングブランドで、ハードコアなゲーマーの心を揺さぶってきたAcerから、驚きのハイスペックで攻めるPredator 21 Xが発売されました。日本円にして100万円を出しても買えない、お値段もぶっ飛んだ9,000ドル(約104万円)のPredator 21 Xは、まさに現在のラップトップPCでは右に出るもののないほどの最強性能ぶりを発揮しています!

Acerから、ラップトップとは思えぬ豪華スペックのゲーミングPC「Predator 21 X」が発売 2

ドシッとした存在感のPredator 21 Xは、モバイル性などは完全に無視して、まるでデスクトップPCのように、IntelのKaby Lake世代「Core i7-7820HK」プロッセッサーを装備。ラップトップPCにしては十分すぎるスペックですけど、さらにカスタマイズしてオーバークロックもできるようになっています。

おまけに64GBのメモリに、Nvidiaの「GeForce GTX 1080」グラフィックボードをSLI構成でデュアル搭載。解像度2560x1080で120Hzのリフレッシュレート、そんな21インチカーブディスプレイを搭載していて、大迫力の映像でゲームプレイを楽しめる、異色のラップトップPCに仕上がっていますよ。標準で512GBのSSDをRAID 0構成で備えるため、あらゆるプログラムを一瞬で起動してくれます。こんな超ハイエンドなマシンがあれば、もっと仕事だってはかどるのかも…。

なお、9,000ドルという販売価格は、あくまでも最小構成モデルの値段です。最大4台SSDドライブを同時に搭載できる仕様のため、お金さえ追加すれば、もっともっとオプションでパワフル性能を増していきます。

ただし、同じスペックでも、自作のデスクトップPCにしておけば、この半分くらいの値段でそろえられそうですし、そもそも標準的なラップトップPCなら10台近く買える金額を、こんな化け物のようなマシン1台に注ぎ込むのはどうなのかな? きっとそう考える時点で、このPredator 21 Xのユーザーにはふさわしくないのでしょうけれどね。

もっと読む:
ブロック積み上げで機能追加ができるPCがAcerから登場
Core i7のAcer新型2in1マシン。薄型なのに水冷化&ファンレス

image by Acer
source: Acer, YouTube

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)