トランプの情報規制と拷問発言で1948年の小説『1984年』がベストセラー首位独走完売。緊急増刷決定

  • カテゴリー:
  • News

トランプの情報規制と拷問発言で1948年の小説『1984年』がベストセラー首位独走完売

「拷問の目的は拷問、権力の目的は権力」

「顔というものは踏みつけるためにある」

「2足す2は5だ」

   ―ジョージ・オーウェル『1984年』

ホワイトハウス公式サイトから「気候変動」の文字とスペイン語が消え、大統領就任式動員数や気象情報の発表に規制が敷かれ、就任後初の対談でトランプ大統領が「拷問は効く」とマスコミに新政権の抱負を語る中、アメリカで1948年に書かれたディストピアン小説『1984年』(ジョージ・オーウェル著)が、明日の世はないかのような勢いで売れています。

火曜からAmazonベストセラーランキング首位となり完売。4位に躍り出たハードカバーも完売。デジタル版と古本もあるんですが、版元のペンギンが緊急増刷を決めました。

トランプの情報規制と拷問発言で1948年の小説『1984年』がベストセラー首位独走完売2

screenshot: Amazon

書物を焼く焚書・発禁の未来を描いたレイ・ブラッドベリ著、1953年の『華氏451度』も記事執筆の現在14位に入ってます。もうなんでもいいから「2足す2は5」の時代を乗り切るフォースをくれ!と米国民が叫んでいるかのよう。まさかこんな日がくるとは…ジョージ・オーウェルも草葉の陰でビックリですわ。

大統領が洪水を走り抜ける! 『スーパートランプ ラン』

top image: CNN
source: CNN

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文
(satomi)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE