Amazonの新特許シリーズ。今度は配送センターと家をつなぐ地下トンネルを考案

Amazon、地下トンネル配送システムで特許を取得

上がダメなら下から?

既存の配送手段じゃ飽き足らず、ドローン空飛ぶ倉庫といった斬新な方法を検討中のAmazon。でもドローン構想が発表されたのはもう3年以上前の話で、Amazonのスピード感からすると、まだできてないのかな?ともどかしい感じもします。でも大丈夫、彼らは今、上がダメなら下から行く可能性を検討しているみたいです。

Newsweekによれば2016年11月末、Amazonは商品配送用地下トンネルシステムに関する特許を承認されていました。申請文書によれば、このシステムは真空チューブやコンベアベルトを駆使してAmazonの配送センターとユーザーの家、それから駅や空港、ロッカーなどを地下でつなぐもののようです。

この文書では、従来ならトラックで配送されていた商品が地下トンネル経由でユーザーに届けられることで、配送がより確実になるだけでなく、渋滞の緩和にもつながる、とされています。日本ではこの年末「Amazonの荷物が多すぎて宅配ドライバーが疲弊している」という問題が提起されましたが、宅配便に代わる手段が広がれば、この問題も解消へ向かうはずです。

でもじつは2016年にはイギリスのMole Solutionsという会社が貨物用パイプラインのコンセプトを発表していました。またTeslaのCEOでハイパーループ構想をぶち上げたイーロン・マスク氏も、渋滞がうっとうしいからトンネルを掘りたい、ほんとにやるからねとこの年末に言っていました。ただしAmazonがこのトンネルシステムの特許を申請したのは2014年5月なので、他の人が言ってるからマネしてみた、というわけじゃなさそうです。

でも実際地下にトンネルを掘るなんて簡単じゃないだろうし、技術や権利の問題をクリアできたとしても、コストが莫大になりそうです。なので特許を承認されたからといって、Amazonが本当にこんなトンネルを掘ろうとしているのかどうかは不明です。

ともあれAmazonは、ボタンひと押しで注文できる「Amazon Dash Button」とか、会計不要のリアル店舗「Amazon Go」とか、ユーザーが欲しいと思ってから実際手に入れるまでの時間を極小化するための方法を何でもありの発想で考案し、実際に形にしています。地下トンネルはさておき、いつかテレポーテーションを誰かが実現するとしたら、それはAmazonなのかも…なんて妄想してしまいます。

image: USPTO
source: USPTO via Newsweek
参考: 弁護士ドットコムNEWS, YouTube, Twitter

(福田ミホ)