映画『地獄の黙示録』のゲーム化をコッポラ監督が発表! あえてFPSではないコダワリのゲームに

映画『地獄の黙示録』のゲーム化をコッポラ監督が発表! あえてFPSではないコダワリのゲームに 1

開発環境が映画版の撮影みたいにならないといいな……。

ベトナム戦争の狂気を独特なスタイルで描いた映画史に残る名作『地獄の黙示録』。本作のゲーム化プロジェクトを、ワインでもおなじみの鬼才フランシス・フォード・コッポラ監督自らが発表し、Kickstarterで開発資金の募集を開始しました。

こちらはErebus LLCがアップロードした動画。

プロジェクトのページでは、制作チームからのメッセージの他、フランシス・フォード・コッポラ監督本人のメッセージも公開されています。

戦争をテーマにした映画のゲーム版ということで、FPSかとおもいきや、主観視点で繰り広げられるサバイバルホラーRPGとのこと。

メッセージ動画の内容によれば、その判断は『地獄の黙示録』では没入感のある映画を目指し、新たなストーリーの表現方法としてゲーム業界に注目し続けてきたという、コッポラ監督のコダワリで行われたものだそうです。

普通のゲームパブリッシャーであればFPSにして出しそうなところを、あえてサバイバルホラーRPGとして出すためにクラウドファンディングで開発資金を募ることにしたと語っています。

こちらはApocalypse Now Gameがアップロードした動画。

Kickstarterのページでの説明によれば、プレイヤーはウィラード大尉となって、ベトナムの奥地で王国を作り上げたカーツ大佐の暗殺を目指すという大枠のストーリーは映画と同じですが、どうやってカーツ大佐の元へたどり着くのか?はプレイヤーの判断次第という自由度のあるゲームになるようです。

ただ、出会うベトコンを皆殺しにしていくFPS的プレイスタイルではなく、あくまでも暗殺者として必要のない交戦を極力控えたステルス主体のゲームになるとも説明されています。

また、ウィラード大尉の成長要素もあり、戦術はもちろんのこと、会話の内容も変わっていくんだとか。

まだ短い映像と文字による説明しかありませんが、開発には主観RPGの名作『Fallout: New Vegas』やTPS『ギアーズ・オブ・ウォー』シリーズなどを手掛けた経験豊富なチームが携わっており、非常に期待が持てそうです。

とにかくコッポラ監督が見せた、恐ろしく異様なベトナム戦争の雰囲気をそのまま主観視点で味わえるゲームになることを願います。あと選択肢として、ナパーム弾を撃てたら最高

ゲーム『Apocalypse Now』(原題)はKickstarterページで資金を募集中。完成は2020年10月の予定です。

ゲーム本体は35ドル以上の投資でもらえるようなので、気になる方は投資してみてはいかがでしょうか?(予約ではなくあくまで投資ですので、完成しないなどのリスクを理解した上で投資しましょう) あとはコッポラ監督が資金を使い果たさずに完成することを祈るばかり……!

source: Kickstarter, YouTube

傭兵ペンギン

あわせて読みたい

    powered by CXENSE