12ボイスに一級品のエフェクト群! ベリンガー初のシンセサイザー「DeepMind 12」がついに販売開始!

12ボイスに一級品のエフェクト群! ベリンガー初のシンセサイザー「DeepMind 12」がついに販売開始! 1

焦らしてくれたねぇ〜。

昨年からチラ出しPVが続いていたベリンガー初のシンセサイザー「DeepMind 12」、ヨーロッパでは昨年末からついに販売が始まったみたいですよ!

音響機器を取り扱ってきたベリンガーにとって初のシンセであり、かつアナログ、かつProphet-6の倍の12ボイスポリフォニック搭載。サウンドはPVなどからある程度わかっていたので、発売時期や価格が気になってた人も多いのではないでしょうか?

こちらはsonicstateによるレビュー動画。

中央の液晶画面で波形の確認やバンク切り替えが見れたりとデジタル的ですが、オシレーターはしっかりアナログ。シンク・サウンドなんて"まさにアナログ"という強烈なファット具合です。

そしてパネルにはデジタルディレイの金字塔であるTC electronic、名機DN360などのグラフィックイコライザーで知られるKlark Teknikのロゴが。ベリンガーの親会社MUSIC Groupは2015年にTC Groupを買収しており、その技術はもちろん本機にも注がれています。となるとディレイ、リバーブ、コーラスといったエフェクト群の質の高さもうかがい知れるというもの。

12ボイスに一級品のエフェクト群! ベリンガー初のシンセサイザー「DeepMind 12」がついに販売開始! 2

12ボイスに一級品のエフェクト群! ベリンガー初のシンセサイザー「DeepMind 12」がついに販売開始! 3

既に在庫切れとなっているヨーロッパの大手楽器店Thomannでは約12万円、1月下旬頃より販売を開始するアメリカの機材通販サイトSweetwaterでは約11万6000円という価格になっています。そして、日本での販売時期、および価格は現在未定です。

なんにせよ大体の価格はわかったことですし、あとは各自YouTubeでデモをあさるなどして悶々とするターンですね。年始から高めませう、シンセ欲。

もっと読む:
テクノロジーがアナログを取り戻す。2016年に発売された注目楽器を振り返る
段ボールで自作モジュラーシンセ(フランス人による日本語解説つき)
実用性isロマン。弾けて、撃てる、ショットガン・ギター

image: DEEPMIND 12
source: DEEPMIND 12, YouTube 1, 2, MUSIC Group, Thomann, Sweetwater

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

    powered by CXENSE