一体なぜ? ニューヨークで猫が鳥インフルエンザに感染

一体なぜ? ニューヨークで猫が鳥インフルエンザに感染 1

猫好きには胸が痛い話。

The New York Timesが報じたところによると、ニューヨークの保護施設に収容されているたちが、鳥インフルエンザ感染の有無に関する診断を受けているそうです。過去、このインフルエンザに猫が罹患したことはなく、感染した動物が最後に確認されたのも10年以上前とのこと。

昨年11月、アルフレッドという名の子猫が、インフルエンザへの感染でブロンクスの保護施設に収容されました。調査の結果、子猫は2006年にニューヨークの動物市場で最後に見つかった、H7N2という型の鳥インフルエンザに罹患していたことがわかりました。残念ながらアルフレッドは11月12日に死んでしまったのですが、ニューヨーク市は、同市内の保護施設にいる500匹の猫をクイーンズにある検疫センターに一時的に収容し、検査しているとのこと。

今回見つかったウィルスは軽度のH7N2型であり、通常は猫の命を脅かすものではありません。アメリカ疾病予防管理センターによると、人間に伝染することも稀で、かかったとしても軽症で済むことがほとんど。これまで、病気の猫と一緒に働いていた獣医師1名が、ウイルスの陽性反応を示しました。

しかし、なぜ猫が鳥インフルエンザに感染したのかは、いまだ謎です。

「インフルエンザウイルスに関する異常な事態が発生した際は、十分に用心しなければなりません」と語るのは、ウィスコンシン大学の獣医師Aleisha Swartzさん。同氏はNew York Timesでのインタビューで、「今回のウイルスも、対応が後手に回ればあっという間に感染が広がる可能性もあります」とも述べています。

日本では未確認ではあるものの、このインフルエンザにかかった猫の初期症状は、鼻水、充血、咳、唇を鳴らすなどとのこと。数週間様子をみて、インフルエンザに感染していないと判断された猫は、施設を後にできるそうです。 

初めて可視化。インフルエンザウイルスが細胞に侵入する方法

image by Flickr
source: The New York Times, CDC, NYC

Kristen V. Brown - Gizmodo US[原文
(渡邊徹則)