サムスンの発表でGalaxy Note7発火の原因が明らかに。危険すぎるバッテリーの詳細とは?

  • カテゴリー:
  • News

サムスンの発表でGalaxy Note7発火の原因が明らかに。危険すぎるバッテリーの詳細とは?

失墜した信用は取り戻せるのでしょうか?

サムスンは1月23日にGalaxy Note7の発火原因についての公式なプレス発表を行ない、外部企業3社(UL、Exponent、TUV Rheinland)との共同調査の結果、発火の原因がバッテリーの設計と製造工程にあることが明らかになったことを発表しました。Forbesによれば、同社はこの調査のために700人以上の研究開発スタッフによって20万台のGalaxy Note7と3万台のバッテリーをテストしたと語っています。

Galaxy Note7のバッテリーはA社(Samsung SDIと見られる)とB社(Amperex Technologyと見られる)の2社で開発されています。サムスンは次のようなインフォグラフィックで、それぞれの原因を解説しました。

原因1:小さすぎたバッテリーケース

サムスンの発表でGalaxy Note7発火の原因が明らかに。危険すぎるバッテリーの詳細とは?2

A社のバッテリーには設計上の問題がありました。インフォグラフィックが示すように、ケースが小さすぎて−極の絶縁シートが変形しています。また、−極の先端もカーブしている部分にあり、本来あるべき位置に配置されていません。これらが発熱と発火につながりました。

原因2:製造工程の欠陥により、接触に不具合が

サムスンの発表でGalaxy Note7発火の原因が明らかに。危険すぎるバッテリーの詳細とは?3

B社のバッテリーには製造工程に問題がありました。+極周囲の溶接に問題があったために発生したバリが絶縁テープとセパレーターを貫通してしまったのです。それによって、+極のタブと−極が接触してしまいました。さらに、絶縁テープを入れ忘れたバッテリーが複数台発見されています。

…という具合で、A社のバッテリーにしてもB社のバッテリーにしても、そりゃ発火もするし爆発が起きるのも無理はないということが、改めて明らかになったのでした。

会見にあたってサムスンの無線事業部長である高東真(コ・ドンジン)は、顧客および携帯電話事業者や販売事業者をはじめとするビジネスパートナーに対して謝罪をしました。そして再発防止の取り組みのひとつとして、外部の学者や専門家からなる「Battery Advisory Group」の設立を発表しました。

また、耐久性試験、目視検査、X線検査、分解試験、OCT試験に加えて充放電試験、TVOC試験、加速試験を加えた製品試験「8-Point Battery Safety Check」や、より安全な電池を作るためにソフトウェアとハードウェアともに新たな設計基準を儲ける安全対策「Multi-layer Safety Measures」なども実施していく予定です。

今回のプレス発表の内容は2分ほどの動画にもまとめられています。事故の原因になる欠陥がどのように生じたのか、再発防止のための取り組みまで、機器の構造の解説を交えてわかりやすく説明しています。

交換後のGalaxy Note 7が機内で燃え緊急避難。2度目のリコールか…
保守的なiPhone 7がSamsungを革新へと焦らせるあまり、Galaxy Note 7を発火させた?

image by Samsung Newsroom
source: Samsung Newsroom1, 2, 3, YouTube, Forbes

(高橋ミレイ)