ゲームセンターが家にきた! 4K/3画面搭載ラップトップ、Razer「Project Valerie」の威力を見よ 1

こういうの、ずっと欲しかったんです。

ゲーマーやガジェットオタクの夢、「広がるディスプレイ」。スマートフォンでは折りたたみディスプレイの登場が近いなんていわれますよね。ゲーミングデバイスメーカーのRazerはひと足早く、スライド展開される4K解像度/3画面搭載ラップトップのコンセプト「Project ValerieをCES 2017にて公開しました!

3つの17.3インチディスプレイを搭載したこのProject Valerie、内蔵グラフィックスチップやプロセッサーもNvidiaの「GeForce GTX 1080」にIntelのKaby Lake世代Core iプロセッサーと最先端。VRだってどんとこいです。そしてラップトップを開くと、メインディスプレイの両脇から自動で4K解像度ディスプレイがせり出してくるんです! すげえよ、こういうのを待っていたんだよ!

実に残念なことに、Project Valerieはまだコンセプト段階。ただし米Gizmodoの記者が試用したところ、その感想は「素晴らしい」の一言。パワフルなNvidia 1080は3モニターを苦なく駆動できた…のですが、『バトルフィールド1』をプレイしたところ常にファンが回りっぱなしになり目玉焼きを焼けるくらい本体が熱くなってしまったのは考えものです。

発売予定なしの価格設定なし、さらに貸し出し品ではモニターの自動展開機構が実装されていませんでしたが、Project Valerieの提案する「4K解像度x3枚=12K解像度」という提案はあまりにも魅力的。ガチなゲーマーなら絶対に欲しくなるはずの1台ですね!

CES 2017:
ゲーマーのためのWi-Fiルーターが、ある
Acerによる超豪華スペックのゲーミングラップトップPC「Predator 21 X」

image by Razer
source: Razer

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE