キヤノン、1インチセンサーの高級コンデジ「PowerShot G9 X Mark II」を発表

キヤノン、1インチセンサーの高級コンデジ「PowerShot G9 X Mark II」を発表 1

ポケットに入れて、持ち出したい!

気軽に撮影、でも高画質と最近好評な高級コンパクトデジタルカメラですが、キヤノンは薄型ボディーが嬉しい「PowerShot G9 X」のアップデートバージョン「PowerShot G9 X Mark II」を現在開催中の「CES 2017」にて発表しました。

ネタ元のThe Vergeによると、G9 X Mark IIは1インチ/約2010万画素センサーを搭載された高級コンデジ。さらに映像エンジンが「DIGIC 7」に刷新されています。これにより暗所での撮影能力が向上しISOを高く設定してもノイズが少なく、さらに秒間8枚を超えるRAW/JPGでの撮影が可能です。

レンズは焦点距離が28〜84mm(35mm換算)、開放F値がF2.0〜4.9と前モデルから変わらず。また顔や物体のトラッキング性能が向上していたり、USBポートから充電可能だったり、Bluetoothでの常時接続が可能だったりと細かい使い勝手の良さが光ります。

一方、動画の撮影機能は最大で1080p/60fpsと必要最低限。これは欠点というほどではないにしろ、ソニーのRX100などのライバル機には劣っています。その代わりといってはなんですが、PowerShot G9 X Mark IIは海外で2月から530ドル(約6万2000円)と安めに発売予定となっています。全部入りの高級コンデジもいいですけど、こういう気軽な選択肢もアリなんじゃないでしょうか?

もっと読む:
弱点が見当たらないぞ…。ミラーレスofミラーレスになりうるか? キヤノン「EOS M5」実写レビュー
動画撮影後にピント調整ができる、摩訶不思議なレンズなしのカメラ技術

image by Canon
source: Canon, The Verge

(塚本直毅)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE