HTC Viveの新製品「Vive Tracker」はすべてのモノをVR上で再現可能にする

HTC Viveの新製品「Vive Tracker」はすべてのモノをVR上で再現可能にする 1

さらに高度なヴァーチャル・リアリティー(VR)の世界を実現。

昨年、HTCはViveというデバイスにより、現段階で最高ともいえるVR体験をもたらしました。そして今年、CES 2017にて、あらゆるものをトラッキング可能にする「Vive Tracker」と、新たなヘッドセット「Vive Deluxe Audio Strap」の2つのプロダクトを発表しました。

【もっと読む】HTC Viveを体験! これ、もはや80%くらい現実じゃないの?

「実物」をVR世界に統合できるこれらのアクセサリーと組み合わせることで、VRでの体験がさらにリアルに向上するとのこと。米GizmodoのAlen Cranzさんが現地からレポートしています。

***

Vive Tracker

HTC Viveの新製品「Vive Tracker」はすべてのモノをVR上で再現可能にする 2

10cm程度の小型デバイスVive Trackerは、さまざまなものに取り付けることでその物体の位置をルームスケール内で認識可能にします。

CESの展示会場には、デモ用におもちゃの銃、野球のバットとグローブ、消火ホース、カメラなどが用意されていました。オプショナルなボタンやジョイスティックを内蔵した、完全に統合された新しいコントローラーのように感じるものもあれば、小道具程度にしかならないものまでさまざま。

実際に体験して思ったのは、まずVRの世界の中でバットを振るのは楽しい! しかし、Vive Trackerが私のスイングに数ミリ秒ほどついていけなかったのか、結局ボールは1打も打てず…という問題もありました。

さらに、不安な要素も。プレイヤーがVRの中で没入して野球ができるのはとってもクールに感じますが、それはすなわち、周りが一切見えない状態でバッドを振り回すということ。家の中で熱中し過ぎてフルスイングしてしまったところ、家具を壊してしまったり、小さな子どもをバットで殴りかねません。実際にデモ中もこのVR野球ゲームの開発者たちは、体験者のヘッドセットがずり落ちる度に、とても緊張して慌てていたようにみえました。

HTC Viveの新製品「Vive Tracker」はすべてのモノをVR上で再現可能にする 3

Vive Trackerは、魔法のデバイスというわけではないでしょう。デバイスに取り付けてコンピュータのソフトウェアにそれを認識させるというものではなく、HTC Viveのコントローラーの先端ほどの小さな機器がコントローラーと同様のトラッキングポイントを持っているというもの。

開発者は、野球のバットや消火ホースといった周辺機器に組み込んであらゆるものを即座にVRの中に出現させられる、というのが現状のようですね。

Vive Deluxe Audio Strap

HTC Viveの新製品「Vive Tracker」はすべてのモノをVR上で再現可能にする 4

そしてもうひとつ新しく発表されたVive Delux Audio Strapは、ヘッドホン付きのヘッドストラップ。

装着感も含めて微妙だったそれまでのヘッドホンシステム(イヤホンは付属、イヤホンジャックで好きなヘッドホン、イヤホンを使用できる)から前進しましたね。最初からこれを出してれば良かったんじゃないかと思いますがね。PlayStation VRのように、後頭部にあるダイヤルを巻くことでサイズ調整が可能で、これまでのヘッドセットより装着のしやすさが向上しているようでした。

Vive TrackerもVive Deluxe Audio Strapも、予定販売価格は不明ですが、どちらも2017年の春に出荷予定とのこと。

CES 2017:
ASUSから「ZenFone AR」登場。TangoとDaydreamに両対応で、9200万画素撮影⁉︎
LenovoのVRヘッドセット、Windows Holographicに対応し安価で登場

image by Nicholas Stango / Gizmodo
source: HTC Vive(1, 2)

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(mayumine)