牛に玉ねぎを食べさせてゲップとオナラから出るメタンガスを減らす

牛に玉ねぎを食べさせてゲップとオナラからでるメタンガスを減らす

これはエコで安全な方法かも!

地球温暖化の原因でもある温室効果ガス。米国ではその温室効果ガス排出の11%を占めるのがメタンガスです。11%という数字は小さいように思えますが、メタンガスは二酸化炭素の84倍にもおよぶ影響力をもつ強力で危険なガスなのです。

実はそのメタンガス排出の20%はなどの反芻動物のゲップ、オナラ、そしてウンチによるものなのです。そこで、スペインで行なわれたのは、玉ねぎのエキスを牛に飲ませてゲップとオナラから出るメタンガスを減らすという実験。「Journal of Agriculutural and Food Chemistry」に掲載されています。ちなみ、玉ねぎとニンニクに含まれる化学物質が反芻動物の第一胃内の化学反応を変化させ、メタンガスを減らす効果があるということは以前から判明していました。

しかし、一方で問題もあって...牛に玉ねぎを食べさせると、PTSOという成分によって出てくるミルクが玉ねぎの味がしてしまうそうなのです。ミルクはミルクの味だから美味しいのであって、玉ねぎ味のミルクはちょっと...ですよね。

そこで、科学者たちはPTSOを減少させ、玉ねぎ味にさせないよう研究を重ねました。実験では、100頭の牛にはいつも通りの餌を、他の100頭にはPTSOを含む玉ねぎのエキスが入った餌を与えます。5日間毎日玉ねぎエキスを5グラムずつ増やしていき、5日目には25グラムに。その後は25グラムのまま2カ月続けました。

その乳牛たちから採れたミルクと研究室でPTSOを入れたミルクを被験者に試飲してもらいます。すると、いつも通りの餌を食べていた牛のミルクの味は特に問題はありませんでしたが、研究室で1キログラムあたりPTSOを10ミリグラム入れたミルクは88%の人たちが玉ねぎの味を感じました。そして玉ねぎのエキスが入ったミルクはPTSOの値が低く、12.5%の人を除いて味も問題はありませんでした。

このテストにより、科学者たちは1日25グラムの玉ねぎエキスを牛に与えることは問題のなく、そしてミルクを玉ねぎの味がしないようにするにはPTSOを2ミリグラム以下に抑えれべいいという結論に達しました。また、このエキスを高速液体クロマトグラフィー(HPLC)という方式を使い、液状で与えることでミルク内のPTSOの量を計りやすくできるという提案しています。

この玉ねぎエキスでメタンガスを減らせて、なおかつ、いつも通りの味のミルクが飲めるならいうことなし! しかも薬品を使わず玉ねぎを食べさせることで解決するなら、牛も安全ですね。

3年連続で史上最高! やっぱり2016年も「史上もっとも暑い年」でした

image Syda Productions / Shutterstock, Inc
source: Journal of Agricultural and Food Chemistry, NCBI

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文
(岩田リョウコ)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE