Tilt Brushで空間に絵を描きながら踊る動画が気持ちいい 1

やってみたい!

アーティストのDanny Bittmanさんが、VR、そしてVRとリアルをミックスしたMR(Mixed Reality:複合現実)の楽しさを伝えてくれてます。彼はGoogleの3Dお絵かきツールTilt BrushとHTC Viveを使ってダンスしながらいろんな線を描き、そのバーチャルなアートとリアルなダンスを重ねて映像化したんです。その結果が、Motherboardが紹介しているこちらの『Scribbler』という動画。

音楽とダンス、いろんな色やテクスチャーの線が一体となって、異世界をのぞいてるみたいです! 通常なら、Tilt Brushを使ってる人にはバーチャルな世界しか見えなくて、それ以外の人にはコントローラーを動かす人だけが見える、下の動画みたいな状態になるんですが、両方の世界をミックスして見せたことで一気に面白くなってるんですね。

VRで作ったグラフィックと部屋のリアル映像を合成させたこのMR動画、見るだけでも面白いんですが、多分やってる人が一番楽しいんじゃないでしょうか? ただ、Tilt Brushは現在HTC Viveでしか使えません。HTC Viveをお持ちの方はSteam経由で入手できますので、ぜひ試してみてください!

Googleが60名以上の芸術家に『Tilt Brush』で作品を作ってもらうプログラムを発表

image: Vimeo
source: Danny Bittman, Motherboard, Vimeo, YouTube(1, 2

(福田ミホ)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE