多くのスタッフも勘違いしていたデス・スターの弱点がある溝の位置

多くのスタッフも勘違いしていたデス・スターの弱点がある溝の位置 1

何十年もの間、勘違いしてたとは…。

デス・スターの弱点、それは反応炉へと直接つながっている排気孔です。でもその排気孔があるトレンチ(溝)部分はどこでしょう? 上の画像で指差してみてください。デス・スターの赤道を指した人、残念ですが間違いです。でもご心配なく、インダストリアル・ライト&マジック(ILM)の人たちだって同じく間違っていたんですから。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でILMのVFXアーティストとして参加したTodd Vaziriさんが、自身のブログFXRantsで、そのトレンチの謎と真実に関して語っています。

(デス・スターの弱点があるトレンチの位置はどこかと聞かれると)ほとんど誰もがデス・スターの赤道のトレンチを指差すんだ。何人ものハードコアなファンにも聞いてみたし、その中にはILMの同僚もいたんだけど、ほとんどみんなが赤道のトレンチを指すんだよ。もし僕が聞かれたなら、同じく赤道のトレンチを指したことだろう。

実際、ある日にILMの『ローグ・ワン』の未編集フィルムを見てる時にこの話が出てきた。コンピューター・グラフィック・スーパバイザーのVick Schutzと、ビジュアル・エフェクト・スーパバイザーのジョン・クノールが、僕達の作ったCG版のデス・スターの詳細について話していた。そしたらクノールが何気ない感じで、『スター・ウォーズ』でのトレンチ・ランはデス・スターの経線だって(つまり、北と南に走るトレンチ)言ったんだ。

部屋にいた僕ら殆どが唖然としたね。「今彼なんて言った?」って。

図入りのわかりやすい解説はFXRantsで読めますが、簡単に言うと、赤道部分にあるのは非常に幅広いトレンチで、デス・スター破壊のための攻撃「トレンチ・ラン」で使われたトレンチは経線を走る細くて上の画像では見えない場所にあるということです。

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』では、トラクタービームに捉えられたミレニアム・ファルコンがデス・スターのハンガーに入っていくシーンがありますが、あれが赤道にあるトレンチ部分です。映画をご覧になれば、赤道のトレンチ部分はかなり広い幅になっているのがわかるはず。対して「トレンチ・ラン」で使われたトレンチは、戦闘機が横に3機並ぶのもギリギリの狭いものです。

ちゃんとドドンナ将軍のブリーフィングを見ていればわかったことなのに…。

ゲームやおもちゃの中でも赤道部分で「トレンチ・ラン」が行なわれたとしているものは多くあります。それに加えて、ファンの中には、ドドンナ将軍のブリーフィング時のデス・スターのCGで、本来なら北半球にあるはずのスーパーレーザーの位置が赤道部分に表示されているため、このブリーフィングのCGは映画のミスであり、だからこのブリーフィングの内容も怪しいものだ、と考えている人が多いようです。

FXRantsではこの部分に関しても説明されています。このブリーフィングのCGを担当したLarry Cubaさんは、CG制作にあたり、スーパーレーザーが赤道部分にある状態で描かれた初期のマット画しか参考にすることができませんでした。しかし後にデス・スターのデザインが変更されたために、ブリーフィング時のCGと実際のデス・スターに違いが出ているとのこと。

制作上の都合でデス・スターのデザインが違ったわけなのですが、Vaziriさんによれば一緒に未編集映像を見ていた同僚たちとともに、こんな話もしたそうです。

ジンが盗む「スターダスト」のファイルには、スーパーレーザーが赤道にある初期のバージョン(それでもガレン・アーソの排熱孔の脆弱性は含まれている)も含むデス・スターのすべてのメジャーなバージョンの設計図が含まれていて、反乱軍のブリーフィングではドドンナ将軍が初期の設計図映像を流しちゃったんじゃないか、なんて僕らは『ローグ・ワン』の未編集映像の確認の時に冗談で言ってたんだ。

なるほど、冗談で出た話ではあるものの、そう考えるとすべて説明がつくかも。

いろいろとデス・スターに関する情報が明確になりましたね。これから『新たなる希望』を見るときには、ルークたちは赤道じゃなくてそれに垂直に掘られたトレンチにそって飛んでいる、と意識して見るようにしましょう。

IKEAのランプが『スター・ウォーズ』のデス・スターに変身

Top image: Death Star, Lucasfilm
image: io9
source: h/t Matt Galvin

Katharine Trendacosta - Gizmodo io9[原文
abcxyz