トランプ大統領チーム、ブッシュ政権でいわく付きとなった共和党メールアカウントを使う

  • カテゴリー:
  • News

トランプ大統領チーム、ブッシュ政権でいわく付きとなった共和党メールアカウントを使う 1

人のこといえなかった。

大統領選挙期間中、ヒラリー・クリントン氏のメール問題をさんざん攻撃したドナルド・トランプ大統領ですが、人のこといえた立場じゃなかったようです。ネタ元Newsweekの報道によれば、トランプチームだって、コミュニケーションに関するセキュリティーがザルだったってんですから。

トランプ大統領を支えるチームの主ともなる人物数人が、つい先日は1月25日まで、共和党全国委員会(RNC)のプライベートメールサーバーのメールアカウントを使い続けていたことがわかりました。名前が上がっているのは、Jared Kushner氏、Kellyanne Conway氏、Sean Spice氏、Steve Bannon氏。

RNCのメールアカウントを、ホワイトハウスにて大統領スタッフが使っているというのは、トランプチームが初めてではありません。かつて、ブッシュ政権メンバーも使っていたのです。が、その時、サーバーから2200万通ものメールが削除されていたことが大きな問題となりました。削除されたメールの内容は、今となってはわからないながらも、スキャンダルがらみとみられています。

大統領関係者が、コミュニケーション手段として使うのはホワイトハウス公式のメールアカウントのみというルールはありません。別に個人のアカウントでやりとりしたって法的に問題なし。ただ、2014年施行の法律「Disclosure Requirement For Official Business Conducted Using Electronic Messaging Accounts law」に従う必要があります。これは、ホワイトハウス業務に関してRNCメールを使う場合、政府メールシステムに、20日以内にそのメール内容を転送またはコピーせねばならないというもの。法律ができたのは、前述のブッシュ政権のメール削除事件が原因。大統領とのコミュニケーションはすべてアーカイブ化が必要というルールを、RNCメールを利用することで無視したってのが問題になったわけです。

ブッシュ政権時代のメール削除問題でいわくつきとなったアカウントな上に、ヒラリー氏のメール問題をあれだけ批判しておいてのコレですから。わざわざツッコミいれられるような行動をとったトランプ大統領関係者は、セキュリティーに対する考えが甘すぎるといわれて当然でしょうな。

トランプの情報規制と拷問発言で1948年の小説『1984年』がベストセラー首位独走完売!

image: Albert H. Teich / Shutterstock, Inc.

source: Newsweek, Pensito Review

Christina Warren - Gizmodo US[原文

(そうこ)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE