1年間で何kgの電子機器を捨てましたか? E-wasteがアジアで急増

1年間で何kgの電子機器を捨てましたか? E-Wasteがアジアで急増

国連大学からの新たなレポートによれば、アジアの国々での収入の上昇と物価の下降が導く先は、捨てられる電子機器の急増のようです。5年がかりの研究で、12カ国でE-waste(電気電子機器廃棄物)が平均63%上昇したことが判明しました。

多様な電子機器が日々の生活のさまざまな面で使われるようになりました。スマートフォンに代表されるように、それらの多くは常にハードウェアのアップデートを繰り返しています。長きに渡り、より豊かな国からのE-wasteがアジアの工場でリサイクルされ、新たな命を与えられてきました。国連のレポートはアジアでの収入の増加により、無駄遣いをしがちな他の国々と同じように、アジアの人々もまた電子機器を捨てるようになったと結論付けています。

The Guardianは、急増するアジアのE-wasteについてこう記しています。

レポートによれば、中国のE-waste世代は2010年から2015年の研究期間の間に倍以上になりました。

香港は2015年にアジアで最も大量のE-wasteを生み出しており、1人あたり平均して21.7kgです。シンガポールと台湾は2015年1人あたり19kgちょっと。

カンボジア、ベトナム、フィリピンはE-wasteの生成が最も低い国々に含まれており、1人あたり平均は1kg程度です。

ちなみに日本は17.3kgです。

「環境にも健全なE-waste管理のインフラを欠いている多くの国々にとって、量の増加は心配の種となっています」とレポートの共同執筆者で国連大学のサステナブル・サイクル・プログラム長であるRuediger Kuehr。

しかしエコ・フレンドリーな処理インフラがある国であったとしても、それが効果的に機能するかどうかは別の話。これに先行する国連の研究では、世界のE-wasteの90%は不法投棄されていることが判明しています。

研究者たちは無分別な廃棄は、環境への影響と明確な健康被害につながると警告しています。また、廃棄されたガジェットがブラックマーケットに渡り、影の経済を活性化させることも危惧されています。

工場もボールペンもゴミの山も。人類が地球上に残してきたもの全ての質量ってどのくらい?

image: China Photos/Getty Images
source: the United Nations University, The Guardian 1, 2, 3, 4

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
(abcxyz)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE