低音があるだけでこんなにグっとくる。 ハープギターでいろんな曲をカバー

低音があるだけでこんなにグっとくる。 ハープギターでいろんな曲をカバー 1

ベベベンベン。

ハープギターとは通常の6弦ギターをアーチ状に延長し数本の低音弦を張ったもの。この弦はノーマルなアコースティックギターよりも低い音を出すことができ、さらに共鳴を生みだし倍音を豊かにする効果もあります。

カナダ出身のギタリストJamie Dupuisさんによる、華麗なハープギターカバー集を紹介しましょう。

イーグルスの『ホテル・カリフォルニア』。オープンチューニングを調整してベース音がきれいに乗るようになっていますね。

ビートルズの『ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス』。低音が特に下がる部分で低音弦を使っている模様。

こちらはNetfrixドラマ『ストレンジャー・シングス』のOPテーマ。なるほど、通常のアコギではスケールが足りないアルペジオもハープギターなら届く!

ハーモニクスが冴え渡る、クイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』。音も深みがあってとてもとても気持ち良い。

こちらは低音だけでなく高音弦も加えたハープギター。『鐘のキャロル』の同一旋律部分をオープン状態で弾いています。

もっと弦をいっぱい見たいんじゃあという方は、ピカソギターメドゥーサギターなどで検索すると脳汁プシャーになれるやもです。多弦は可能性。

もっと読む:
実用性isロマン。弾けて、撃てる、ショットガン・ギター
アコギ1本あればバンド要らず。ロシアの少年が複数パートを同時に奏でる『ビリー・ジーン』
任天堂の宮本茂さんがザ・ルーツとギターで『スーパーマリオブラザーズ』のテーマを演奏

image by YouTube
source: YouTube 1, 2, 3, 4, 5

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

    powered by CXENSE