Hollywoodサインが「Hollyweed」に! カリフォルニア州大麻合法化を祝したイタズラ?

  • カテゴリー:
  • News

Hollywoodサインが「Hollyweed」に! カリフォルニア州大麻合法化を祝したイタズラ?

High!

2016年、アメリカはカリフォルニア州にて、医療大麻だけでなく娯楽目的の大麻も合法化して、大麻全面解禁しようという法案が可決されました。これがよっぽど嬉しかったのか、いてもたってもいられなかった人がいたようです。

カリフォルニアにある、世界的に有名なあのHollywoodサイン、後ろ2つの「oo」を「ee」に変えるイタズラが発生! 「Hollywood」→「Hollyweed」。「weed」は一般的には雑草の意味ですが、俗語として大麻という意味でも使われています。

LA警察のセキュリティカメラによれば、イタズラをは単独犯の仕業。サインのあるマウント・リーに1人で登り、oをeに変えるためシートをかけたということです。陽気ともいえるイタズラが行なわれたのは、米現地時間で先週土曜日の夜中。夜が明けるや否や、世界中から注目を浴びることとなりました。

もちろん、すぐさま元のサインに戻されてしまったのですが、現地メディアは、eeがooに戻るまでの様子をFacebook Liveで中継するという力の入れようでした。

面白いこと考えつくなと思った人、実はこれ1976年元旦に、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校の学生だったDanny Finegoodさんがやったイタズラの再現なのです。

遊び心は時代を超えて受け継がれていくものです。Hollyweed!

image: Screenshot via World of Cannabis
source: LA Times, World of Cannabis, The Cannabist

Eve Peyser - Gizmodo US[原文
(そうこ)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE