見事に釣られました。「違法ダウンロードに怒って監督が万引き」は映画のプロモーション

見事に釣られました。「違法DLに怒って監督が万引き」は映画のプロモーション

もうYouTubeビデオは信じない。

こちらの記事で紹介したケイシー・ティボゥ監督。自分の映画を違法ダウンロードしてDVDで配っている不届き者がいるという話を聞き、彼が働いているスーパーで万引きをしに行った...というYouTubeビデオを公開して注目を集めました。しかしこのビデオ、どうも自作自演の釣り動画だったようです。この釣り動画の中でも語っている、新作ホラー映画『Happy Birthday』のプロモーションのために制作したとのこと...。

いやー。

やられました。すっかりひっかかりました。

さすが映画監督、ビデオの撮り方や展開がいかにもな感じで、多くの人が騙されたようです(私だけではなかった...)。ビデオの再生回数はまだ6,000回程度と多くないですが、コメントは244件とかなり反発を呼んだようです。「食品の万引きと映画のダウンロードはまったく別次元だ」「安心しろ、お前の映画はつまらないからオレは違法ダウンロードすらしない」「どんな反応期待してたんだ? お前みたいな人間は嫌われるんだよ」とめくるめくネガティブ・コメントの嵐です。

そして最初のビデオを公開してから1週間も経たない間に公開されたのがこちらの「釣りでしたー!」ビデオ

純粋にプロモーションだけが目的で、警備員は俳優の友人に協力してもらったとのこと。海賊版については「オレの問題じゃない!」と言い切っています。前回のビデオについたたくさんの怒りのコメントを取り上げて嬉しそうに「お前らは嘘にひっかったんだよ〜」と言っております。

見事に釣られました。「違法DLに怒って監督が万引き」は映画のプロモーション2

うーむ、ひっかかったのはそうだけど、こんなに嬉しそうに語られると「え、映画見てやんないんだから!」と拗ねたくなります。しかし中には釣り動画ということを指摘しているコメントもあったようです。ひっかかった人もいれば、ひっかからなかった人もいたということですね。

こちらが彼のホラー映画『Happy Birthday』。私も見事にプロモーションに加担してしまいました...。

images by YouTube
source: YouTube, TNW

(塚本 紺)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE