美麗クローム仕上げの8弦ベース『カタナ』ができるまでを見てみよう

美麗クローム仕上げの8弦ベース『カタナ』ができるまでを見てみよう 1

冷めたしぐさで熱く見ろ~♪

モダン・ベース界で定番の製品を生み出す楽器メーカーのワーウィックが、なかなか見ることの出来ないエレキベース制作過程を公開しています。

しかもそれがさらに珍しい、クローム仕上げの8弦ベースなので必見ですよ!

クローム液がドバドバなこちらは、GEAR GODSが取り上げたFramus & Warwickの動画でした。

このベースは、ストーナーロック・バンド、SUN and SAIL CLUBでベーシストを務めるスコット・リーダー(元KYUSS)が弾く左利き用ベース『カタナ(Katana)』。元々は4弦モデルなのを、4コース8弦に増やしてギンギラギンにさりげなくクロームメッキで仕上げたシグネイチャー・モデルなのです。

美麗クローム仕上げの8弦ベース『カタナ』ができるまでを見てみよう 2

本来であればボディーの造りは一枚板ではなく、表がメイプルと裏がスワンプ・アッシュ、そして3枚のメイプル板を合わせた長い木材がネックからエンド・ピンまで貫通しており、その複雑な構造が見えるクリア塗装のみ。

美麗クローム仕上げの8弦ベース『カタナ』ができるまでを見てみよう 3

ですがクローム仕上げのおかげで、そんな見た目はお構いなし! 塗装後はピックアップなどのパーツを取り付け、最後はレーザーで刻印と『Katana』のエンブレムをくっつけて完成です。

このタイプのベースは、主にオクターブ違いの2弦を1コースに張っています。なので美しい音の響きが楽しめると思うのですが……SUN and SAIL CLUBはディストーション音がゴリゴリのバンドなので、繊細な音作りも全くお構いなし。むしろクールなボディーがアツく奏でるのです。

最後に、このベースがどんな音色でプレイされるのか、PlayThisRiff.com guitar and bass lessonsから彼らの曲『Krokodil Dental Plan』をどうぞ。

ピックアップもシュシュっと換装! モジュール式エレキギター「Somnium Guitars」がNAMMで発表

image: YouTube
source: GEAR GODS, YouTube 1, 2

岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by CXENSE