ゴツゴツ感はそのままに、より速く使いやすくなったLaCieの外付けHDDです。よろしく

ゴツゴツ感はそのままに、より速く使いやすくなったLaCieの外付けHDDです。よろしく 1

愛され続けるデザインと機能性の融合。

外付けHDDで知られるLaCieからUSB-C版が登場しました。

今回CES 2017で発表されたLaCieの「Rugged Thunderbolt USB-C」外付けHDDは、一目でわかるあのコミックみたいなバンパーはそのまま、ついにUSB-Cにも対応。つまり、外見はそのままに、中身はパワーアップしたのです。

ゴツゴツ感はそのままに、より速く使いやすくなったLaCieの外付けHDDです。よろしく 2

モデルは、2TB、4TB、5TBなどがラインナップ。5TBモデルにはSeagate BarraCudaハードドライブが内蔵されています。そして、1TB SSD内蔵のモデルも、データが消去されることなく移行できるようさらに安全性が高まっています。

さらに、ファイルを読み込む移行スピードも毎秒510MBまで上がっているとのことで、こちらもうれしい。ちなみに、現在購入できるRugged Thunderbolt USB 3.0外付けHDDは、1TB SSD内蔵モデルで最高毎秒387MBまでしか移行スピードは出ませんから、それと比べてみてもかなり速くなってます。

こちらのLaCieの新型Rugged Thunderbolt USB-C外付けHDD、2017年の第1四半期のどこかで発売される予定。お値段は2TBのオプションで250ドル(約2万9000円)からのようです。

【CES 2017】4K、折りたたみ式3画面搭載ラップトップ、Razer「Project Valerie」

image by LaCie
source: LaCie

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(hana)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE