家庭菜園に興味はあるけど怠け者な私のための水耕栽培キット、6万円也

家庭菜園に興味はあるけど怠け者な私のための水耕栽培キット、6万円也

怠け物は結局野菜を食べずに枯らしてしまうという罠か。

家庭菜園に興味はあるけれど、手間がかかりそうでイマイチ手を出せない...そんな人、実はかなりたくさんいるはず。私も試したことがありますが、思い立った最初の一週間は水やりや雑草抜き、害虫駆除と頑張ってはみるものの、そのうち飽きたり、上手く野菜が育たなかったりで挫折してしまいました。

そんな興味はあるけど、熱意や手間暇をかける時間がちょっと足りない私たちにピッタリなデバイスが、OPCOMによるLEDライト付き水耕栽培キット「GrowBox」と「GrowWall」

TNWによれば、水耕栽培なので必要なのは水と種と養分、それとPHコントロールのみ。ってこうやって並べた時点で「あ、もうやる事多い」って思っちゃうと思うんです。しかしCESで展示されたデバイスだけあってかなりスマートな感じになっています。

小さめの食卓サイズで、どこでも置ける

家庭菜園に興味はあるけど怠け者な私のための水耕栽培キット、6万円也 1

室内で30kgの重さに耐えられる平らな場所であればどこでも設置可能。ただ温度は一定に保たれていないといけないため、ガレージは向いていないとのこと。約100cmx70cmの大きさです。

水と照明の調整は全自動

当然、水とLEDによる照明の調整は全自動でやってくれます。ということは毎日しないといけない作業が存在しないんです。手間が本当にかからないのが想像できてきたでしょうか。

家庭菜園に興味はあるけど怠け者な私のための水耕栽培キット、6万円也 2

週に一度ほど、養分を補充する必要があるかメーターをチェックします。また、水の量も減りすぎていたら足す必要があります。あとは本当に待つだけ。自動モードでは照明は12時間オン、12時間オフのサイクルを、水ポンプは1時間オン、5時間オフのサイクルを繰り返し、効率的に野菜が育つ環境を実現してくれます。

土を使わず、効率的な栽培

種は透明なカプセルに入った状態でスポンジに埋め込まれるようです。土を一切使わず、植物は養分を水から吸収するそうです。

家庭菜園に興味はあるけど怠け者な私のための水耕栽培キット、6万円也 3

なんと土を使った通常の栽培よりも使用する水の量は90%も少ないとのこと。そして「GrowBox」が自動モードで一日に使う電力は0.9kWだそうです。

家庭菜園に興味はあるけど怠け者な私のための水耕栽培キット、6万円也 4

野菜によっては4週間ちょっとで収穫できてしまうとのこと。通常の栽培方法とくらべて25%も成長が早いという...『ドラえもん』にこういう工場があったような...。

家庭菜園に興味はあるけど怠け者な私のための水耕栽培キット、6万円也 5

最大で50株も同時に栽培できるそうです。また、栽培できる野菜・フルーツ・ハーブの種類はかなり多岐にわたります。

グリーンリーフレタス、レッドリーフレタス、ロメインレタス、ボストンレタス、スイスチャード、カラシナ、ケール、アルグラ、キャベツ、チンゲン菜、ミニトマト、パプリカ、トウガラシ、きゅうり、ほうれん草、豆、ストロベリー、バジル、シソ、レモンバーム、ミント、オレガノ、ニラ、タイム、ウイキョウ、パクチー、パセリ、レモングラス、チャービル、ウィートグラス、アルファルファ、ダイコン、ソバ

ところで、公式ウェブサイトの「よく聞かれる質問」で「マリファナの栽培には適していません」と書かれているところがアメリカらしいです。

「GrowBox」より、さらに大きな「GrowWall」は壁に設置するシステムになっています。ここまで大きいとレストランやカフェのハーブ栽培にも良いかもしれません。

家庭菜園に興味はあるけど怠け者な私のための水耕栽培キット、6万円也 6

気になるお値段はGrowBoxが5万7000円ほど($499)、GrowWallが6万9000円ほど($599)。ここまでちゃんとしているだけあって、しっかりしたお値段です。家庭菜園が面倒だからやってみたい、と気軽に手を出せるようなレベルではないですね...。AmazonOpcomの公式ウェブサイトで販売を開始しているようです。とりあえずはアメリカ国内への販売のようですが、日本にも上陸するかもしれません。

CES 2017:
子どもの肥満対策に! タブレットホルダー付きエアロバイクが登場
渋くMacBook Proへ各種ポートやストレージを追加するドックが登場

images by YouTube
source: Opcom, TNW
参考: Amazon, Opcom
(塚本 紺)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE