24時間働けます。全天球フルタイムストリーミングが可能な「RICOH R」

24時間働けます。全天球フルタイムストリーミングが可能な「RICOH R」

ボディ全体のヒートシンクに、まずは拍手を送りたい。

スティック型全天球カメラTHETAは、次のステージに向かうのでしょうか。リコーは24時間の連続動作が可能な全天球ライブカムとして、「RICOH R」を発表しました。

「THETA」も「THETA S」も、長時間の撮影を行っていると熱を持ち、熱を持ちすぎて電源が落ちる(サーマルシャットダウン)という個性がありました。冷却ファンをゴム止めして強制冷却するユーザーもいましたが、本質的な解決策とはならず。そこで「RICOH R」は扱いやすいスティック状のボディ全面をヒートシンクに変更。コイツがあれば誰でも手軽に全天球ライブ配信ができちゃうみたい。しかも24時間連続で!

とはいっても安定性どうなのよ。ということで現在CES 2017のリコーブースで配信を行なっているようなので、ご覧ください。

360LIVE! "RICOH R Development Kit" 2017/01/05 CES#26717
※埋め込み無効だったのでリンク先からどうぞ

ほほう...。開始後20分ほど見ていましたが、音が歪んでいる(ビットが合っていない? マイクは内蔵モノラルマイクを使用している様子)、もうちょっと高精細になってほしい(解像度は1920×960・30fpsを1080にストレッチ)といった印象を持ちましたが、このままホントに24時間配信ができるというなら、欲しいという声、多そうです。ついにmicroSDカードスロットも搭載するようですし!

でもリコーは、製品として発売するのではなく、「RICOH R Development Kit」という開発者向けキットとしてリリースするみたい。まずは「RICOH R」の魅力に惹かれたユーザーを集め、コミュニティを形成するという手法なのでしょうか。ここをアップデートしてほしい(例えばマイク入力端子をつけてほしいとか)という声も受け止める姿勢なのでしょうか。

もっと読む:
ASUSから「ZenFone AR」登場。TangoとDaydreamに両対応で、9200万画素撮影⁉︎
Acerから、ラップトップとは思えぬ豪華スペックのゲーミングPC「Predator 21 X」が発売

image: RICOH
source: RICOH
(武者良太)