巨大ロボのMegabots社にクソロボットの女王が参加。特大包丁が全てを叩き斬る!

巨大ロボのMegabots社にクソロボットの女王が参加。特大包丁が全てを叩き斬る!  1

これこそまさに料理の鉄人

スウェーデンからアメリカに移り、実験動画集団TESTEDのメンバーに加入して久しいシモーネ・ギールツさん。使えないメカばかりを開発するので、自ら「クソロボットの女王」と名乗る、おもしろ美女としてテレビに出演したこともありました。

その彼女が、日本の水道橋重工業が作った「クラタス」との巨大ロボ対決も待ち遠しいMegaBots社の動画に登場。彼らの最新型ロボ「マークIII」に装備させた長さ約240cm、重さ約226kgの超巨大包丁を操作しました。

こちらはLaughing Squidが取り上げた、MegaBots Incの動画でした。かつてシモーネさんが自動チョッピング・マシーンを発明したことから、彼らの巨大ロボにも同じことをさせようという試みだったんですね。

野菜や果物だけでは物足りないので、家電であるオーブンやバーニングマンのイベントで使われた木製のティキ・バー、さらにはピアノまで叩き斬るマークIII。重さは10トン、パワーは400馬力という豪快で頼もしいヤツです。

巨大ロボのMegabots社にクソロボットの女王が参加。特大包丁が全てを叩き斬る!  2

続いてSimone Giertzさんと、TESTED側から撮った動画も見てみましょう。

一見、重さとパワーで叩き潰しているように見えますが、ライムがスパっと切れている様子から包丁もキッチリ研がれていることが判ります。500ワットのレーザーカッターで、30分かけて切り出した包丁なのだとか。

以前にも「ピーナッツバター塗れないロボ」など、実用性度外視のおばかマシーンばかりを創出してきたシモーネさん。次は何が飛び出すでしょうか?

最先端のロボット開発を360度動画で見る。ドキュメンタリー・シリーズ『ザ・ポッシブル』が公開|ギズモード・ジャパン

image: YouTube 1, 2
source: Laughing Squid, YouTube 1, 2, 3, 4, MegaBots

岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by CXENSE