マウスの脳のキラー・ニューロンを特定。スイッチオンで無心に獲物を噛み殺すゾンビに…

マウス実験でキラー・ニューロンを特定

イェール大学のIvan de Araujoさんと彼の研究チームがビックリするような実験に成功しました。マウスの脳から「獲物」を殺そうとする衝動をコントロールする2つのニューロンのセットを特定したということです。科学誌Cellで研究結果が発表され、たくさんメディアが人気ゾンビドラマ『ウォーキング・デッド』を引き合いに出して報じました。

スイッチが入っている間はとにかく獲物を噛み殺そうとし続けたということですから、たしかにゾンビ化と言われても仕方ないですよね...。

2つのニューロンのうち片方は視界にいる獲物を追いかける衝動をコントロールし、もう片方のニューロンは噛むのに使われる顎と首の筋肉をコントロールしているそうです。両方とも脳の扁桃体に位置しているとのこと。

実験ではマウスの脳にレーザーをあてる事のできるヘルメット型の装置を装着させ、レーザーによるスイッチオン、スイッチオフのコントロールが可能か確かめたそうです。その結果、スイッチがオフの状態では普通にカゴの中を歩いていたマウスが、オンの状態になると半狂乱状態になり自分の進行方向にある物を攻撃しようとしたそうです。生きたコオロギ、偽の昆虫だけに留まらず、棒やペットボトルのキャップまで、獲物に飛びついた後は手でつかみ、歯で何度も噛み付いたとのこと。

獲物を追いかける衝動をコントロールするニューロンだけにレーザーで刺激を与えた場合は、殺そうとする顎の動きは見られなかったそうです。

いやー...殺そうとする衝動がこんなに単純にコントロールされてしまうなんて科学、恐ろしいです。当然のごとく、人間にもこのニューロンが存在するのか、という疑問が浮かぶわけですがそれはこの実験の目的ではありません。

「脊椎動物の進化において顎の登場は非常に大きな出来事でした。それによりろ過摂食から能動的な捕食へと移行することができ、顎を持つ捕食者が食物連鎖のトップに立つことになった(Gans and Northcutt, 1983, Kuratani, 2012, Mallatt, 2008)」と論文の導入部にあります。今回のような実験を通して捕食運動の神経回路の仕組みを知ることで脊椎動物の感覚運動システムについて深く知ることが狙いのようです。

New Scientistのインタビューで「現実世界では何がマウスのこのニューロンを刺激するのか」という問に対し、Ivan de Araujoさんは次のように答えています。

それはまだ私たちも知りません。行動学的研究によると、視覚的な刺激、特に小さくて動く物体、が捕食行動を引き起こすのに重要だと示唆されています。

キラーニューロンの仕組み。より深く知りたいような、知りたくないような...。

image: photos2013/Shutterstock
source: New Scientist, Cell
参考: Ivan de Araujo, The Guardian, Independent

(塚本 紺)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE