停電時やアウトドアに。日立マクセル、塩と水だけで発電するLEDランタンを発表

停電時やアウトドアに。日立マクセル、塩と水だけで発電するLEDランタンを発表 1

最後に強いのはアナログかも。

我々の生活に欠かせない明かり。しかし停電などで電気が止まってしまえば、当然ながら電灯や電球は利用できません。

そんな不測の事態への備えとして、日立マクセルは、水と塩だけで発電するLEDランタン、「MIZUSION(ミズシオン)」を発表しました。

気になる仕組みですが、本体に「パワーバー」と呼ばれるマグネシウム合金が組み込まれており、このパワーバーが陰極(マイナス極)、酸素が陽極(プラス極)、そして塩水が電解液の役割となって発電するのだそう。

停電時やアウトドアに。日立マクセル、塩と水だけで発電するLEDランタンを発表 2

使い方は非常に簡単。塩を入れて水をそそげば点灯です。

停電時やアウトドアに。日立マクセル、塩と水だけで発電するLEDランタンを発表 3

連続約80時間の点灯が可能で、パワーバーを交換すれば繰り返し使用可能。約10年間も保管できるそうですよ。

本体サイズはW95×D95×H215mmで重さ約350グラムと持ち運びも楽ちんで、災害時などはもちろん、アウトドアなどにも重宝しそうですよね。

価格はオンラインショップ2,980円(税別)とのことで、一家に一台いかがでしょうか。

image by 日立マクセル
source: 日立マクセル, 楽天市場

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(渡邊徹則)