お気に入りの香りを作ってシェア。40万通りの香りを楽しめるスマート芳香デバイス「Moodo」

お気に入りの香りを作ってシェア。40万通りの香りを楽しめるスマート芳香デバイス「Moodo」

気温、照明、音響、と来て香りまでスマート化。

エアコン照明音響シャワーと家のシステムをアプリひとつで操作・自動化できる「スマートホーム」が話題になってしばらく経ちました。中にはそんなのいるかな...というプロダクトもあるものの、生活のあらゆる側面がテクノロジーでスマート化していきつつあります。

そんななかThe Next Webが取り上げた、現在Indiegogoで資金募集中の「Moodo」はスマートホーム最前線を突っ走る「匂い」のスマートデバイス。まずはMoodoがどのようなデバイスなのか、プロモーション動画でざっくりとお確かめください。

コンセプトは単純。芳香ポッドを自分の好きなように組み合わせることで、オリジナルかつお気に入りの香りを作りだせるというスマート芳香デバイス。デバイスに入れられるポッドの数は4つでも、それぞれのポッドの香りのバランスをアプリで調整することで、様々な香りを作り出すことができるのです。

ポッドには「サンダルウッド」から「シー・ブリーズ」、「ラベンダー」などと多数のバリエーションがあり、お花畑などさまざまなシーンを4つのポッドで再現できます。

moodo app

つまり、違う香りを楽しむためにいちいち新しいキャンドルやオイルを買う必要がないわけです。ラベンダーなど、たとえ自分の好きな香りが分かっていても、ブランドや商品によって香りの強さやニュアンスが微妙に違っていることがよくあります。Moodoだと好きな香りの好きなバランスまで追求できるのが素晴らしいではないですか。

moodo preset

自分で好きな香りなんてブレンドできる自信ない…という人のために、プロが作り上げたレシピもたくさん利用できるようになっています。たまには新しいのを試したい、なんてときもただアプリで選ぶだけで良いわけですね。

また、シャッフルモードなんてのもあります。パーティーのときに時間と共に香りもシャッフルしてみるとより一層盛り上がるかもしれません。

moodo share

気に入ったブレンドを自分で作れたら、それをアプリ上で保存していつでも再現できます。Moodoを持っている友人とシェアすることも。

moodo body

スタンダードパックは8つの芳香ポッドがついてきて約1万8000円(159ドル)。充電式バッテリーでワイヤレスなので、家の好きなところにコードを気にせず置くことができます。芳香ポッドは毎日使っても4カ月はもつそうですよ。なお、香りを制作するAGAN AROMAはすでに多くの芳香製品に芳香素材を提供している業界のプロ。今回は彼らにとって初めてのコンシューマー向けプロダクトとなるそうです。

「匂いまでスマートにしなくても」とツッコミを入れそうになりましたが、説明を聞くと欲しくなるのが不思議ですよね。クラウドファンディングなので、購入してみたい方はリスクもあることを理解したうえで、投資してみてはいかがでしょうか?

もっと読む:
スマートホームがどんどん進むぜ。買い物までしてくれるスマートゴミ箱
人工知能は恋に落ちるか? 数千人が視聴したGoogle HomeとGoogle Homeの会話のライブ配信

image by Moodo - YouTube
source: The Next Web, Moodo - Indiegogo, Moodo - YouTube

(塚本 紺)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE