目の疲れ、さよなら。iPhoneの「Night Shift」がMacにもやってくるかも!

目の疲れ、さよなら。iPhoneの「Night Shift」がMacにもやってくるかも! 1

もっともっと、目に優しく。

iPhoneやiPadなどで利用できる「Night Shift」。日没から日の出、あるいはスケジュールされた時間のディスプレイの色温度を下げる(=暖色系の色に変える)目に優しい機能ですが、どうやら同機能がmacOSにもやってきそうなんです!

The Vergeによれば、新たに配布されたmacOS Sierraのベータ版(10.12.4)にて、Night Shift機能の搭載が確認されています。機能はiOS版と同じく、夜にディスプレイの色温度を下げるというもの。これが目に優しくていいんです。実際ディスプレイの色温度を下げると、目の疲れ方が断然違いますからね〜。

ただし、ベータ版に搭載された機能がかならず正式版にも反映されるとは限りません。しかしこのようにわかりやすくて便利な機能、Appleがわざわざ削るとは思えない…いや、思いたくないですね。

なお、Mac(WindowsやAndroid、Linuxにも対応)では似たような機能を実現するソフトウェア「F.lux」が存在します。こちらも素晴らしいソフトなので、macOSの正式アップデートまではF.luxを使うのも良さそうです。

macOSの最新ベータ版、ディスプレイによるバッテリー使いすぎを注意へ

image: guteksk7 / Shutterstock, Inc.
source: The Verge, F.lux

(塚本直樹)