リアルにまた1歩近づく。匂いも感じるガスマスクライクなポルノ用VRアクセサリー

リアルにまた1歩近づく。匂いも感じるガスマスクライクなポルノ用VRアクセサリー 1

そこにないのに、あたかも目の前にあるように感じるのがVRの醍醐味。最新テクノロジーによってリアルを疑似体験するのがVRですが、より現実味を感じるには視覚以外にも必要なものがあります。触覚はもちろんでしょうが、もっと心に本能的によびかけるもの…嗅覚! でましたよ、匂いを感じるVRアクセサリーが。

CamSodaが開発したのは、手持ちのVRヘッドセットにプラスして使う嗅覚マスクOhRoma。マスクには3つの香りカートリッジをセット可能。スイッチオンでカートリッジを温め匂いを発するという仕組みです。Bluetooth連携でOhRoma専用アプリを使えば、どのタイミングでどの香りをどれほど発動させるか、コントロールすることができます。OhRomaは70ドル(約8,000円)、香りカートリッジは30種類で、1本10ドル(約1,100円)。

視覚に嗅覚、これでVRエロがますますリアルになるでしょう。いや、エロに限ったアイテムじゃなかろうとは思うものの、カートリッジの種類が「パンティー」「体臭」「デリケートゾーン」「性欲促進」ってなもんなので、エロ限定ではなくても、エロを強く意識していることは間違いなし!

VRヘッドセットとガスマスクライクなOhRomaのW着用時の姿は、なかなかのものですが、見た目どうこうの話ではありません。あっちの世界=ヴァーチャル重視なので!

エロはテクノロジーを応援しています! テクノロジーはエロによって前進します! どうぞよろしく。

ポルノサイトならではの画像認識技術の使い方。好みの女性の画像をアップすると…

image: CamSoda
source: CamSoda, Mashable

(そうこ)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE