Eインク腕時計「FES Wacth」新型はカメレオンのように変化し、紙のように薄い

カラーで全体のデザインを変えるカメレオンのようなE Ink腕時計、Fes Wacth新型披露

ソニーのテクノロジーを凝縮させたカメレオンのような腕時計。

CES 2017で、ソニーはクレジットカードより薄い、新しいEインクの電子ペーパーディスプレイで自由にデザインを変えることができる腕時計を披露しました。

FES Watchは、日本では2015年から約3万円で発売されていましたが、表示できるパターンはモノクロのみでした。今回の新型は、2016年夏にクラウドファンディングで発表された「FES Watch U」の改良版とも言えそうです。

CES 2017で展示されていた新型FES Watchは、ガラスケースの中に収まっていて実際に手に取ることはできませんでしたが、革っぽいブラウンや真っ暗なブラックなど、モノクロ以外の色も自由に表現できるようになっていました。気分や服装に合わせて時計そのものを擬態させるカメレオンのようです。

そしてものすごく薄い…! この鋭利な紙を腕に巻いてけがとかしないのかな…。

カラーで全体のデザインを変えるカメレオンのようなE Ink腕時計、Fes Wacth新型披露

image: ソニー

ソニーは、この新型FES Watchのプロトタイプをいつ発売するのかには言及しませんでした。2016年8月に発表されたFES Watch Uは、ブラックモデルが5万9940円、シルバーとホワイトモデルが4万9680円で、クラウドファンディングを行ない、出荷時期は2017年4月以降とされているので、今回の新型はもうちょっと先になりそうですね。

しかし、ここまで薄くてカラーで腕時計全体のデザインを変えられるってすごいし、出たら買いたくなりそうです。

top image: Gizmodo US
source:ソニー

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(mayumine)