現代のおせっかい! そろそろ充電したら?って教えてくれるモバイルバッテリー

現代のおせっかい! そろそろ充電したら?って教えてくれるモバイルバッテリー

いちいち!

現代人にとって命の次に大事なもの、それはスマートフォン。スマートフォンにとって命となるのは、バッテリー。ゆえにモバイルバッテリーを持っている人も多いでしょうが、スマートフォンの充電が切れる前に繋いでこそです。でもね、集中して画面を見てると、繋ぐというちょっとした動作ですら忘れて、画面がブラックアウトしてしまうの…。あぁ、忘れることがないように存在感がすごいモバイルバッテリーないですかね? Griffin Technologyが新たに発表したモバイルバッテリーPowerBlock BeaconPowerJolt Beaconは、おせっかいレベルで充電切れをアピールします。

Griffin Technologyの新バッテリー2種は、Bluetoothを介して、専用アプリからスマートフォン(又はタブレット端末)のバッテリー残量をチェック。バッテリー残量が少なくなると、スマートフォン/タブレットに「そろそろ充電しようよ」と通知を出します。通知発動のバッテリー残量は、ユーザーがアプリから設定可能。通知発動されるのは、バッテリーが端末の近くにある場合。

発売は数ヵ月後を予定。PowerJolt Beaconは30ドル、PowerBlock Beaconは40ドル。前者は車のシガーソケット対応でUSBポート1つ、後者はお部屋のコンセントタイプでUSBポート2つ。

便利なんだかなんなんだか。現代人はとにかくガジェット頼りで、ガジェットはどんどんおせっかいになっていくのです。

もっと読む:
浴室に入る前にシャワーを温めておいてくれるスマートホーム向けシャワーシステム「U by Moen shower」
ASUSから「ZenFone AR」登場。TangoとDaydreamに両対応で、9200万画素撮影⁉︎

image by Griffin Technology
source: Griffin Technology

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(そうこ)