クイーンの『グレイテスト・ヒッツ』を8bitなチップチューンに丸ごとアレンジ

クイーンの『グレイテスト・ヒッツ』を8bitなチップチューンに丸ごとアレンジ 1

たっぷり55分!

1981年にクイーンがリリースしたベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ』は、当初それぞれの国や地域ごとにヒットした曲を優先的に収録してリリースしていたため、全部で7種類のバージョンがありました。後にレコードからCD化されましたが、楽曲『アンダー・プレッシャー』があったりなかったりで戸惑った人もいるのでは?

何にしても名盤に歴史あり。今では英国盤LPが世界統一規格となっていますが、Nerdistが同アルバムを丸ごとチップチューンアレンジしたものを取り上げています。

映像はThat Gamerが2013年にアップしたもの。

楽曲『ボヘミアン・ラプソディ』から始まる、懐かしき全17曲ノンストップメドレー。オリジナルのアルバムでは『セイヴ・ミー』までの8曲がSide A、後半9曲がSide Bとなっています。

トラックリストは以下の通り。

01. “Bohemian Rhapsody” [00:00]

02. “Another One Bites The Dust” [05:31]

03. “Killer Queen” [08:23]

04. “Fat Bottomed Girls” [11:19]

05. “Bicycle Race” [14:37]

06. “You’re My Best Friend” [17:35]

07. “Don’t Stop Me Now” [20:28]

08. “Save Me” [24:00]

09. “Crazy Little Thing Called Love” [27:46]

10. “Somebody To Love” [30:32]

11. “Now I’m Here” [35:27]

12. “Good Old-Fashioned Lover Boy” [39:32]

13. “Play The Game” [42:24]

14. “Flash” [45:34]

15. “Seven Seas Of Rhye” [48:11]

16. “We Will Rock You” [50:49]

17. “We Are The Champions” [52:50]

そして、さる1月10日は楽曲『アンダー・プレッシャー』を共作したデヴィッド・ボウイの命日でした。どうかやすらかなところで、イギリスのスターの共演が叶うことを。

(動画はQueenHouse85より)

迫る恐怖と美声。エイリアン・キラー・クイーン
クイーンのフレディー・マーキュリーが使用したピアノをそのまま音源に

image: YouTube
source: Nerdist, YouTube 1, 2

ヤマダユウス型