スター・ウォーズの最新作タイトル『ザ・ラスト・ジェダイ』はどういう意味なのか!?

スター・ウォーズの最新作タイトル『ザ・ラスト・ジェダイ』はどういう意味なのか!? 1

タイトルはなぜ赤い!?

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の興奮も覚めやらぬ中、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に続く最新作のタイトルが『スター・ウォーズ:ザ・ラスト・ジェダイ(原題:Star Wars: The Last Jedi)』になるとの公式発表が行なわれました。

果たしてそのタイトルに込められた意味とは……? 『エピソード8』で現状明らかになっていることをおさらいしつつ、タイトルについていろいろ妄想してみましょう(『フォースの覚醒』、『ローグ・ワン』のネタバレがありますのでご注意ください)。

今わかっていること

こちらはStar Warsがアップロードした動画。

現状『エピソード8』の映像として公開されているものはこれだけ。とりあえず、今作は作品を経る毎に時間が大きく飛ぶスター・ウォーズの伝統からは外れた、『フォースの覚醒』のラストから直接繋がる物語になることが発表されています。

というわけで、そこに出てくるルークやレイはもちろんのこと、とりあえず『フォースの覚醒』で死ななかった主要なキャラクターは再び登場予定とのこと。キャプテン・ファズマの再登場も決まっています。

また、先日亡くなったキャリー・フィッシャーが演じるレイア将軍も引き続き登場します。亡くなった段階で『エピソード8』に関しては予定通りの撮影を終えていたとのこと。また『ローグ・ワン』のようにCGで再現しての登場はないと明言されたことも話題となりました。

監督はSF映画『LOOPER/ルーパー』を手掛けたライアン・ジョンソン。当初はちょっと意外な人選……と思ったのですが、実は全米で大人気となったドラマ『ブレイキング・バッド』の中でも評価の高い3つのエピソード(忌々しいハエが出てくるエピソードなど)を監督しており、もしかするとそちらで気に入られたのかも。

『フォースの覚醒』を手掛けたJ・J・エイブラムス監督はプロデューサーとして作品に参加しています。加えて、ライアン・ジョンソン監督は『エピソード9』のストーリー作りに参加することも明らかになっています。

ストーリーなどの情報は、噂はたくさんあれど公式では発表されていません。そんな中、突如として『エピソード8』のタイトルが発表されたというわけ。

スター・ウォーズのロゴが赤い!

とりあえず、「ザ・ラスト・ジェダイ」の意味を考えるのは後にして、かなり目立つ赤いスター・ウォーズの文字を見ておきましょう。

スター・ウォーズのタイトルロゴといえば黄色(金)もしくは白で書かれている印象で、赤いのは初めてみたという人も多いかもしれません。しかし、実は『エピソード6』には発表当時『ジェダイの復讐』というタイトルがつけられており、その時のタイトルロゴは赤でした(後にジョージ・ルーカスの判断でタイトルがおなじみの『ジェダイの帰還』へと変更になります)。

というわけで、赤は『エピソード6』や「復讐」との関連性を狙ってつけられた色なのかもしれません。とはいえ、個人的には単純にシス/ダークサイドのライトセーバーの色であり、今作の敵である「ファーストオーダー」の旗の色であるを表している気がします。

また、レイのビジョンに登場した「レン騎士団」も赤のラインの入った武器を持っていましたし、ファースト・オーダーのTIEファイターのエリート機にも赤いラインが塗られていましたので、とりあえず赤に関連する敵がたくさん出てくる映画にはなりそうです。やはり『帝国の逆襲』みたいなことになるのでしょうか……?

「ザ・ラスト・ジェダイ」とは

一体どういう意味なのか。直訳すれば「最後のジェダイ」ですが、唯一無二であることを指すために使われることの多い”ザ”がついているあたり、「最後に残った複数のジェダイ」ではなく「ジェダイ最後の一人」であることが強調されているように思えます。

また「The Last Jedi」という表記は『フォースの覚醒』のオープニング・クロールで使われており、そこではルーク・スカイウォーカーの事を指していました。

というわけでルークの事を指したタイトルに思えますが、そうするとあれだけの才能を発揮したレイは今作ではまだジェダイにならないということなのでしょうか。場合によってはレイではなくルークが主役として大暴れするという展開も考えられるのかな……?

もしくは、レイがジェダイになるも彼女を鍛えたルーク・スカイウォーカーはフォースと一つになって、レイが最後のジェダイになるのかも……? その展開はあまりにも辛いので、ぜひともハン・ソロは実は生きてた(スター・ウォーズの登場人物は高いところから落ちると実は生存率が高い)という流れとセットでやってほしい。

もうひとつ考えられるパターンとしては、カイロ・レンことベン・ソロがライト・サイドへと戻ってきて最後のジェダイを引き継ぐという展開ですが、それは『エピソード8』でやるにはやや早すぎるような気も……そしてそれでも、ルークはフォースと一つになるしか……。

このタイトルにファンもだいぶ心配になったようで、Twitterでは早速「スター・ウォーズ:お願いだからルークを殺さないで」や「ルークが死なないといいな」という画像も作られていました。

はたしてどんな映画になるのか、そしてルークは生き延びられるのか。楽しみすぎる『スター・ウォーズ:ザ・ラスト・ジェダイ(原題:Star Wars: The Last Jedi)』は2017年12月15日公開予定。邦題がどうなるかも気になりますね!

「スター・ウォーズ エピソード8」についてわかったこと7選
2019年に公開予定の『スター・ウォーズ エピソード9』は過去の作品よりもシャープで大きな作品に! 撮影に使用するのは「65mmフィルム」

© Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

image: StarWars.com
source: StarWars.com, YouTube, Twitter 1, 2

傭兵ペンギン