この350万円のコーヒーテーブル、浮いてない…?

この350万円のコーヒーテーブル、浮いてない…?

まるで映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』のホバーボードの家具版というか...。

Siren Design Studiosが手掛けたコーヒーテーブル「Teles Taxidi」は、映画のように特殊効果によって...ではなく、大きなレアアース磁石によって天板が浮くのが特徴。

コーヒーテーブルというのだから、本やコーヒーをテーブルの端に置いたりするのはもちろん、テーブルのうえに足を乗せたりしても、問題なし。ほら、両足を乗せても…?

大丈夫! いきなり、ガクンと落ちません。

Teles Taxidi 仕組み

その仕組みは、天板を支える脚に取り付けられた対極する磁石が反発し合うことで、土台から約5cm浮いた状態になっているのだそう。

この反発する力によって天板が妙な動きをしないように、きちんとワイヤーで四隅が固定してあります。それでも、浮いていることを気付かせてくれるような程良いグラグラ感が残っているのも特徴的です。

しかし、そもそもテーブルを浮かせる意味って? 正直、業界最新鋭の機能は特別ついていませんが、近未来感あふれるインテリアとしてならば、どうでしょう。家庭用のコーヒーテーブルとしては違和感なく使えそうです。

ただし、お値段は3万ドル(約350万円)也、Fancyにて販売中です。欲しいかどうかは別にして、もし実物が目の前にあったらお行儀はわるいけれどひとまず両足を乗せてみたい…!

もっと読む:
浮く雲形スピーカー「Floating Cloud」
宙に浮く盆栽「Air Bonsai」

image by Siren Design Studios
source: Siren Design Studios, Fancy

Andrew Liszewski - Gizmodo US [原文
(Rina Fukazu)