米Twitter、勝手に「ドナルド・トランプ大統領」のアカウントをフォローさせたとしてユーザーに謝罪

  • カテゴリー:
  • News

米Twitter、勝手に「ドナルド・トランプ大統領」のアカウントをフォローさせたとしてユーザーに謝罪 1

ごめんよ。

バラク・オバマ政権時に開設されたTwitterの大統領アカウント。ドナルド・トランプ大統領誕生にともない、SNSアカウント運用ルールが定められ、オバマ氏が使っていた大統領アカウントは、そのままトランプ大統領へと引き継がれました

1月20日の就任式を経て、あれこれSNSアカウントが移行されましたが、その中でMashableによるとこんなトラブルが。ユーザーの意志に反して、勝手に大統領アカウントをフォローしてる問題が発生、Twitterが謝罪しました。

Twitter CEOのジャック・ドーシー氏が、自身のアカウントで経緯を説明しています。

さて、何が起きたのかといいますと…。

大統領アカウントを、第44代オバマ大統領から第45代トランプ大統領に引き継ぐにあたって、オバマ政権は移行計画を制作。これに基づいてTwitterは、新大統領就任となる米現地時間12時に計画に着手。

結果、12時前に大統領アカウント@POTUSをフォローしていたユーザーは、20日の終わりには@POTUS44(オバマ大統領のアーカイブアカウント)と@POTUS(大統領アカウント、現在第45代トランプ大統領が使用中)の両方をフォローしている状態に。

この日に報告されたフォローの異変は2種類。1つは、@POTUS44を12時以降にフォローしたユーザーが、同時に@POTUSも自動フォローしてしまった問題。もう1つは、@POTUSをアンフォローしたユーザーが、@POTUSを再度自動フォローしてしまった問題。

Twitterは状況を確認し、アカウント移行で起きたミスを謝罪。現在は対応済み、すべてユーザーの意志に基づくフォローに修正されています。同ミスは、大統領アカウントだけでなく、副大統領アカウント(@VP)やホワイトハウスアカウント(@WhiteHouse)でも起きていたといいますが、こちらもすでに対応済み。このミスフォローは、56万人に影響したといいます。

あってはならないミスとはいえ、ドーシー氏の説明は納得できます。多くのフォロワーを抱えるアカウントを短時間で一気に移行するとなれば、こんなミスがでてしまうこともあるでしょう。大統領アカウント移行は今回初めての試みですしね。まぁ、次回はもっと上手くできるのではないでしょうか。

大統領フォローミス問題では、そもそも大統領アカウント1回もフォローしてないのに巻き込まれた!というユーザーもいました。これはDorsey氏の説明では解決できないのですが、大統領アカウントなんてどっかでフォローしてもフォローしたこと自体忘れてしまうものなのかもしれませんしね…。

トランプ大統領のTwitterアカウント画像が、オバマ元大統領の画像だった

image: Twitter
source: Mashable, Twitter(1, 2, 3), The White House

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
(そうこ)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE