浴室に入る前にシャワーを温めておいてくれるスマートホーム向けシャワーシステム「U by Moen shower」

浴室に入る前にシャワーを温めておいてくれるスマートホーム向けシャワーシステム「U by Moen shower」

朝シャワー派歓喜!

特に寒い冬の朝は、冷え冷えする浴室で裸になってシャワーの水が温まるのを待つのはつらいもの。でも米国の水栓メーカーMoenが開発したスマートホーム向けのシャワーシステムU by Moen showerは事前にシャワーの水を温めておけます。浴室に入れば、すぐに温かいシャワーを浴びられるのです。

消費者にスマートホームへのアップグレードの必要性を説得するのは、多くの企業にとってやっかいな問題です。シャワーが温まったらスマホに通知を送ってくれるスマートシャワーというアイデアは、消費者にとって少しぜいたくに聞こえるかもしれませんしね。でも、U by Moen showerには、浴室でシャワーから温かいお湯が出てくるのを待つ間を、睡眠時間にあてたい…。そんなものぐさから浴室の改装に大枚をはたいていると思わなくてすむような、他にも役に立つ機能が組み込まれています。

まず、シャワーシステムには12個のプリセットを登録できます。大所帯でもあっても各々の好みの水温やシャワーヘッドの配置を、モバイルアプリか5インチのLCDディスプレイがついた壁掛けタイプのコントロールパネルで呼び出せるようになっています。

浴室に入る前にシャワーを温めておいてくれるスマートホーム向けシャワーシステム「U by Moen shower」 1

また、華氏60-120度(約15-49℃)の間で細かく水温を設定でき、水温を上げているのか下げているのか、あるいは適温なのかコントローラーのディスプレイの色合いでひと目で分かるようになっているとのこと。そしてシャワーの水を一時停止できるので、適温になったけどまだ浴室に入ってないからといって、お湯を無駄にすることはありません。

浴室に入る前にシャワーを温めておいてくれるスマートホーム向けシャワーシステム「U by Moen shower」 2

さらにU by Moenにはシャワーの使用時間を制限するタイマー機能もついています。これも何かと慌ただしい朝に大人数がシャワーを浴びる家庭には、もってこいの機能ですよね。以下はMoenによる紹介動画です。

いずれもシャワーヘッドや工事などは含まれていないようですが、気になるお値段はシャワーヘッドが2つのバージョンは1,160ドル(約13万5,000円)、4つだと2,200ドル(約25万6,000円)。プライバシーやセキュリティーについての詳細は不明ですが、遠隔操作で冷水シャワーを浴びせるなんてイタズラには使われません…よね?

もっと読む:
スマートヘアブラシで美髪になる?ケラスターゼ「Kérastase Hair Coach Powered by Withings」発表
Samsungからタブレットにもなる新Chromebook。書きたいことを先読みする機能も

image: Moen
source: Moen, YouTube
Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(たもり)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE