いろんな意味で魔の飲み物。ビンテージ・ミルクがAmazonで販売されていた

いろんな意味で魔の飲み物。ビンテージ・ミルクがAmazonで販売されていた

臭いものにはぜひ蓋を。

インターネット無くしては生活が成り立たない、とまで言えるようになった現代。今やその膨大な情報量と広大なイメージの広がる場所では、私たちの想像もつかないようなものが売られていることがあります。そう、例えば「ビンテージ・ミルク」。

まあ端的に言えばものすごく古い牛乳なんですが。Boing Boingが、Amazonでこのビンテージ・ミルクが販売されているのを発見したと言うのです。売っているのはJim Pickrellさんという方で、価格は1ボトル、185ドル(約2万1000円)(完全に売り手側の言い値)。また、Yog Sothothという売り手は75ドル(約8,600円)のお手頃版と217ドル(約2万5000円)の主要商品版とで展開。ちなみにこの中には彼がボトルから直接飲んだものもあるみたいです。この売り手たちはこのミルクが冷蔵保存されていたものではないということは明記していて、牛乳メーカーTuscanの全乳をお求めの場合は、発送が遅れる可能性があるんだとか。正直、購入しても届いたところで飲む必要はないんですが(というかおすすめしません)。

商品のレビューはこちらからご覧いただけるので、興味のある方はどうぞ。予想どおりではありますが、内容はジョークやでたらめばかりです。そして当然のことながら、この古い牛乳ボトルの中には、大量の年月とともに成長したバクテリアといった菌たちがウヨウヨいるはず。想像するだけで気持ちが悪いものではありますが、ここはひとつ冷静に、このビンテージ・ミルクに対して理論的な考察を行なってみようではありませんか。

ウィスコンシン大学の食品科学部のBarbara Ingham教授の説明によれば、牛の乳房から搾り取られたミルクは、冷蔵トラックに積まれ、均等化の処理を行なうために処理工場へと運ばれます。均等化とはどういうことかというと、ミルクに含まれる脂肪球が液体中に均等に散らばった状態にするということです。そして低温殺菌をするため、最低でも約72℃で15秒間熱した後、急速に冷やすことで、リステリア症やサルモネラ菌食中毒などを引き起こす有害なバクテリアを殺します。

そしてここからが本題。このビンテージ・ミルクの最も注目すべき点とは、そう、古いということ! フレッシュなミルクがビンテージに変わる(腐ったとも言う)のは、低温殺菌処理があくまで有害なバクテリアのみを殺すもので、残りのすべてのバクテリアはそのままの状態だから。そしてその内の一部の生き残りが、酸を生み出し、すっぱい味や塊ができた質感を生み出します。低温殺菌で処理されなかった残りのバクテリアたちは乳脂肪を酸化させ、そしてその粒子とともに古いボトルに詰められたまま、きっと身の毛もよだつような想像しがたいほどの悪臭を放っていることでしょう。ちなみにもっと大量のバクテリアを使えば、ミルクを甘く変化させ、バターやクリームなど需要ある品質を作り出すこともできるのですが、どうやら今回は話が違うようです。

この100ドル以上する6年もののミルクが、ビンテージ品質の常識から逸脱した代物だということは、誰の目から見ても明らか。きっと、ドロドロの恐ろしい物質であることは間違いないでしょう。米Gizmodoの記者が、Ingham教授に2011年のビンテージ・ミルクはAmazonで販売していいものなのか聞いてみたところ、「ここまで長い年月の間保管されていたミルクを見たことがないので、いったいどんな感じになっているかはわかりません」と語り、こう続けました。「しかし、液体の一部は容器から水蒸気として蒸発しているでしょう」。さらに、「プラスチックの容器は酸素透過性があるため、酸素がさらにバクテリアの成長を促し、有害なものになっている可能性があります」

ここまでの話でよくわかりましたよね。容器の素材と内容物の状態によって、身体を壊すもの壊さないものが変わってきます。頼まれても飲まないと思いますが、古くなった牛乳は絶対に飲まないこと。

おはようございます! 今日もインターネットは元気です!

image: Aleph Studio/Shutterstock.com
source: Boing Boing

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文
(hana)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE