愛犬は覚えてますよ。あなたが優しかった時も、そうでなかった時も

愛犬は覚えてますよ。あなたが優しかった時も、そうでなかった時も

あのころはよかったなぁ…。と思っているかどうかはわかりませんが。

Current Biology誌に掲載されたハンガリーのエトヴェシュ・ロラーンド大学の研究によると、犬も人とおなじように個人的な体験を長期的に記憶できるそうです。これは「エピソード記憶」といって、人間なら「はじめて××した日」とか「〇〇に失敗しちゃった時」の出来事をなんらかの感情とともに映画のワンシーンさながらに回想できる能力です。でも、今まで犬がエピソード記憶を持っているかは学術的に証明されていませんでした。

愛犬がズートピアみたいに話せたらかんたんな話なのですが、犬の頭の中で何が起こっているかは残念ながら本人(本犬)に聞けないですね。そこで、研究チームが着目したのはエピソード記憶の重要な一部である「偶発的記銘」。覚えようとしなくても覚えてしまう、潜在的な脳のはたらきです。特に覚えようとしなくても昨日の天気やご飯のメニューが思い出せるのは、偶発的記銘がはたらいて、エピソード記憶として脳に保存されているから。そこで犬にエピソード記憶があるかを証明するために、偶発的記銘が使われたかどうかを試す実験が行われたそうです。

同研究について詳しく解説しているサイト「子犬のへや」によると実験者はまず、犬になにかの動作をしてみせ、次に「私のやったとおり!」と号令をかけて同じ動作がをできたらごほうびをあげる、という訓練を繰り返しました。ここで犬の覚える意欲をかきたてておきます

愛犬は覚えてますよ。あなたが優しかった時も、そうでなかった時も 1

「私のやったとおり!」の号令のもと、傘に「はんせい」してみせる犬

次に、実験者が犬に動作をしてみせたあと、「伏せ」をさせました。なんども「伏せ」を繰り返すうちに犬は自発的に「伏せ」をするようになったそうです。今度はごほうびがは与えられないので、犬の覚える意欲は減少していきます

そして、ここからが肝心です。偶発的記銘が使われたかを試すために、抜き打ちテストが行なわれました。実験者は動作をしてみせたあと、自発的に「伏せ」をした犬に「私のやったとおり!」と命令しました。すると、犬たちは戸惑いながらもかなりの確率で実験者と同じ「動作」をやったという結果が出たのです。

抜き打ちテストで行われた動作は、犬たちが前に見たことはあるけれど、実際にはやったことのないものでした。つまり、犬自身が覚えなくてもいいと思っていた動作にもかかわらず、ちゃんと覚えていたということで、偶発的記銘が使われた、つまりエピソード記憶に頼らなければならなかったと考えられるそうです。抜き打ちテストは動作を見せた一分後と一時間後という短期間と長期間で行われました。時間が経つにつれて記憶は薄れたものの、犬たちはどちらでも覚えていたということです。

主任研究者のClaudia Fugazzaさんによると、この実験は「犬たちが自分たちではなく他者が行った行動で記憶を試された初の試み」で、他の動物の観察にも幅広く応用できる研究方法なのだそうです。こうした研究の積み重ねにより、将来は動物の脳がいかに自分と他者の行動を把握しているかの理解につながっていくと期待されます。

エピソード記憶は、自分を他者とは分離した主体ととらえられる自己認識能力とも結びついています。「今のところ、犬の自己認識を研究する方法は確立されていません」とFugazzaさん。「でも、私たちの研究は、そこに一歩近づけたと思います」。

動物だって色々考えてる:
サルが空気を読む能力は想定外に高度、他者の間違った思考までお察し
陽気な声でけなしても犬にはバレる

image: Pixabay, Claudia Fugazza, Ákos Pogány, and Ádám Miklós / Current Biology 2016
source: Current Biology, 子犬のへや

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(山田ちとら)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE