「不気味の谷」の最先端を走る。10台の人型ロボットをザクッと紹介ナリよ

「不気味の谷」の最先端を走る。10台の人型ロボットをザクッと紹介ナリよ 1

国内外のロボットが毎年のようにニュースで話題になっています。色々な目的を持ったロボットが誕生してきましたが、どうも人間には「人間に近いロボットを作りたい」という願望があるのではないでしょうか。これまで世界各地のエンジニアが人型ロボットに挑戦してきました。

まだ本物の人間と区別が付かないようなロボットは完成に至っていないものの、オッと驚くようなプロダクトはたくさんあります。今回は「不気味の谷」の最先端を走る、10台のロボットをまとめて紹介したいと思います。

PETMAN

アメリカ国防総省(DoD)の支援のもと、ボストン・ダイナミクスが開発したのがこちらのPETMAN(ペットマン)です。個人的にはこれが一番ツボで、もしペットマンが出てくる映画があったら絶対に見たいと思います。もちろん、ホラー映画ですけどね(『ペットマン リターンズ』)。

後述する人型ロボットの中には髪や皮膚など、外見をいかに人間に似せるかに尽力しているものも多い中、このロボットがパッと見一番人間に見えてしまうのはちょっと皮肉。しかしスーツを取り除いた中のロボットもかなりの人間っぷりなんです。

「不気味の谷」の最先端を走る。10台の人型ロボットをザクッと紹介ナリよ 2

ペットマンの皮膚センサーはスーツを貫通する化学物質を検知することができます。また皮膚は人間が発する汗と温度を出すことができるため、スーツ内で人間がどのような環境にいるかシミュレーションすることができるとのこと。しかし、飛び上がって人間を襲う姿しか浮かばない私はSF映画の見すぎ...ですよね。

地平ジュンこ

こちらは日本でも話題になりました東芝地平(ちひら)ジュンこ。お台場の観光案内所で3カ国語を駆使して観光客を助けているロボットです。こちらはペットマンとは対極なアプローチ、遠くから見たら人間だと思ってしまいそうな作りになっています。現在はキーボードを使ってのコミュニケーションしかできませんが、音声認識機能を追加させて観光客が声で質問することも可能にさせる計画のようです。

The SCHAFT Bipedal Robot

「不気味の谷」の最先端を走る。10台の人型ロボットをザクッと紹介ナリよ 3

image: YouTube/mehdi_san

人型ロボットとはいっても、人間の特徴のどれかひとつに特化しているのが現状のようです。人間のような表情を持つ地平ジュンこさんしかり、人間のようなダイナミックな動きが可能なペットマンしかりです。

Googleによって買収された日本のスタートアップ企業SCHAFT(シャフト)によるこちらのロボットはなんと60kgの荷物を運ぶことができ、平らでない場所も移動でき、階段の昇り降りも可能となっています。

3年間の沈黙を破り、2016年の4月に東京で開催された「NEST 2016」でこちらのロボットを披露しました。果たしてこれは人型なのか?という疑問はあるものの、人間の歩き方にかなり近いのは事実です。上半身を作る意図があるのか、このまま人型ではないロボットへと進化するのか、興味は尽きません。

OceanOne

「不気味の谷」の最先端を走る。10台の人型ロボットをザクッと紹介ナリよ 4

image: © Osada/Seguin/DRASSM

下半身だけのロボットもあれば、上半身だけのロボットもあるわけです。こちらはスタンフォード大学が開発した深海探索用ロボットOceanOne(オーシャン・ワン)。人型にして、頭を作り、人間の目の位置にカメラを装着することで、水上で遠隔操作する人間がより感覚的に操作できるようになっています。実際に操作している様子を見てみると、海中で作業をするオーシャン・ワンの姿はかっこいいけどなんだかシュールな感じ。

アンドロイド「ERICA」と「ジェミノイド」

アンドロイドといえば日本の誇るロボット工学者、大阪大学特別教授の石黒浩氏を忘れてはいけません。

「不気味の谷」の最先端を走る。10台の人型ロボットをザクッと紹介ナリよ 5

アンドロイド「ERICA」はただリアルな表情を見せてくれるだけでなく、音声認識、人間のトラッキング、自然な挙動といろいろな機能が組み合わさってかなり自然なコミュニケーションが成り立ちます。これはもう、不気味の谷を振り切るかのようなリアルさ。こちらの会話デモ、是非ご覧ください。

石黒教授と言えば思い出すのはこちらのジェミノイドDKもです。こちらはデンマークのオールボー大学ヘンリック・シャーフ教授をモデルにしています。デビューは2011年ですが、今見てもリアルです。YouTubeのコメントにもロボットだと最初気づかなかった人の書き込みが今なおポストされていますね。

Nadine

シンガポール南洋工科大学のNadineはただ会話ができるだけじゃなくて頭と手の動きもスーパー・ナチュラルになっています。こちらの動画では差し伸べられた手を握って握手までしています。

Nadineは挨拶をするときは笑顔をつくり、会話をしている間は話し相手の目をじっと見つめます。さらに顔認識機能によって話し相手を記憶し、前回話した内容も覚えているというから驚きです。そうです、アナタのことを覚えていてくれるんです。これは嬉しい。

また、NadineはAppleのSiriやMicrosoftのCortanaと同じソフトウェアで動かされているということで、パーソナルアシスタントとしての応用もかなり現実味がありますね。しかしこんなロボットが一家に一台置かれるようになったら、それ以上先の未来って想像できないです。

ATLAS Unplugged

見た目のリアルさを追求するロボットもある一方で、人間の二足歩行、手を使った作業をかなり高レベルで実現できるロボットもたくさん出てきました。

アメリカの国防高等研究計画局(DARPA)によるATLASシリーズ、ついに電源も内蔵するようになりコードが不要になりました。より強く、より素早く、そしてより静かになっております。いずれ人間VSロボットの戦争にロボットが勝利したときにはこの御方が「革命の父」と呼ばれるのでしょうか。

ASIMO

しかし、日本はこちらの分野でも負けておりません。ホンダのASIMOは今年で17才になります。

ASIMOは今ではすっかり安定した動きを優雅に見せてくれるようになっています。ジュースの入った水筒のフタを取り、コップに注いでそれを人に渡してくれます。ここまで成長した姿を見せられるとなんだか感動してしまいますね。

REEM-C, Romeo

この分野は世界中でも開発されており、スペインではREEM-Cが、フランスではRomeoが代表的です。

「不気味の谷」の最先端を走る。10台の人型ロボットをザクッと紹介ナリよ 6

Romeo. Image: Aldebaran Robotics

どうでしょうか。しかしこう、ASIMO(日)、ATLAS(米)、Romeo(仏)、REEM-C(西)と並べてみると...オ、オリンピックでもやってくれないかなと思ってしまうんですが、それがいずれロボットたちの反乱のきっかけになるのかも...なんて。

CAPTCHAテストで「私はロボットではありません」をクリックするロボット
自分はロボットじゃないって本当に言い切れる?

top image: YouTube
source: Boston Dynamics, 東芝, Stanford Robotics Lab, 知能ロボット学研究室(石黒研究室), Nanyang Technological University Singapore, Aldebaran Robotics, YouTube (1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11

George Dvorsky - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE