Amazonのジェフ・ベゾスCEOの家には、すべての部屋に「Amazon Echo」があるらしい

Amazonのジェフ・ベゾスCEOの家には、すべての部屋に「Amazon Echo」があるらしい

世界で5番目にお金持ちになったら、日常がどこか物足りなくなるのかもしれません。

先日、音楽メディア Billboardのインタビューコーナーに登場したのは、Amazon CEOジェフ・ベゾス氏。最近の音楽配信サービスやAmazonの経営の話、そして話題は彼がいま住んでいる自宅について伺いました。

インタビュアーが「君の家はどのくらいネットまみれなの?」と聞くと、家じゅうに自社製品のボイスコントロール型アシスタント「Echo」や「Echo Dot」を設置したことを明かしました。

ゆっくりと、でも手抜きせず、トイレを含めてすべての部屋に設置したよ。最初はキッチンから始めて、ほかの部屋にも増やしていったんだ。そうしていくうちにAlexa(Echoに搭載されているAI)がいないトイレでは、たとえば天気予報を知りたくても聞けないのが不便に感じたんだ。

さらに、インタビューでは「ドナルド・トランプ氏が大統領に就任した。このことについてどう思う?」と聞かれる場面も。

 えっと、ぼくは、そうだね...(下を向いてしばらく黙ったあと)これって音楽に関するインタビューだと思ってたよ。

ここは、ジョークまじりに返答しました。過去には「ロケットで宇宙まで連れて行ってやろうか」と言わんばかりに、トランプにご立腹だった時期もあったんですけどね…。

「Amazon Go」なら大型スーパーでも最低3人で運営できるらしい…
Amazonの音声アシスタント「Alexa」は緊急時には役に立たないかも

image: Mashable
source: Billboard
参考: Forbes

William Turton - Gizmodo US [原文
(Rina Fukazu)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE