Mac2年分どうでしょう!? ビックカメラで「Macアップグレードプログラム」がスタート

Mac2年分どうでしょう!? ビックカメラで「Macアップグレードプログラム」がスタート

Mac2年分ください!

と、いったサービスです。ビックカメラグループは月々3,000円からMacを所持できる「Macアップグレードプログラム」を公開しました。

Macの本体価格から2年後の推定買取(据置)額を引いた金額を、分割で支払うといったサービスで、2年後は下取りに出して「1.新しいMacに買い替え」、もしくは設定された残価を払いきってMacを買い上げ「2.そのまま使う」、そして「3.返却して終了する」という3つの選択肢から選べます。

Mac2年分どうでしょう!? ビックカメラで「Macアップグレードプログラム」がスタート2

いわゆる「残価設定型プラン」、車ではすでに提案されている買い方ですよね。「トヨタ3年分ください」なんてCMを見た記憶があります。ポイントとしてはあらかじめ残価が差し引かれているので、月々の支払いを少なくできるという点。そしてビックカメラグループ独自の「安心サポート for Mac」、Appleの「AppleCare Protection Plan」が付帯しているという点があります。

Mac2年分どうでしょう!? ビックカメラで「Macアップグレードプログラム」がスタート3

月々の支払い金額は機種によって異なります。

たとえばMacBook Pro13インチ(Touch Bar無し)Retina(2.0GHz/256GB)では、初回支払が8,392円、月々支払が6,000円。2年間の合計支払い額は14万6392円(+買い取りの場合は残価)。

一方AppleStoreで同じモデルを購入すると、一括で16万704円。24回まで無料のAppleローンの場合は、初回支払が8,904円、月々支払が6,600円なので、確かにMacアップグレードプログラムのほうが毎月の維持費を抑えつつMacを所持することができる形。普通に買うと2万3800円 (税別)のAppleCare Protection Planサポートも付いているというのも安心できます。

2年後に残価を払って買い取るという選択肢を取ると、おそらく割高になるかとは思いますが、2年ごとに最新Macに乗り換えるのを前提とするならば、ひとつの選択肢として検討してみてもいいのかもしれませんね。ほら、2年という期間は、Macを買い替えたいぜボルテージが最高潮に達する期間でもありますし!

まぁ、新たな2年縛りが開始されるのかと思うと、若干ツライ気持ちにもなりますけどねぇ…。

眠りしiPhone目覚めのときか? 3月からソフトバンクのMVNOがスタート

image: Macアップグレードプログラム
source: Macアップグレードプログラム, Apple

(小暮ひさのり)