赤色のM&M'sしか食べたくないという富豪のためのマシーンが発明されました

赤色のM&M

手動で誰しもやってそうですが、なんと全自動で。

チョコでもキャンディでも、ミックス大袋を買う嫌いな味も入ってくるのでいつも選りわけていませんか?(注:ハッカ味)そんな時「あー自動で選りわけてくれるマシーンがあったらな」と思ったことがある人は多いはず。そんな皆さんの願いも近い将来叶うかもしれません。TNWによると、オランダ人発明家Willem Penningsさんが開発したこちらのマシーン、スキットルズやM&M'sといった多色のマーブルお菓子を色ごとに分けてくれるんです。

PenningsさんのサイトWillemm.nlでは次のように説明されています。

キャンディを色に従って分類することができる分類マシーンは、長年にわたって私の目標リストに載っていました。私の自由な時間を使って、数ヵ月の製作期間でついに完成させることができました。Arduino社のコントローラー、ステッピングモーター、そしてRGB色センサーと3Dプリントによる部品を使って、キャンディの色に従った分類をさせています。

この情熱...只者じゃない!

実験では欧米の代表的なお菓子、スキットルズとM&M'sで分類に成功したそうです。毎秒に1個から2個のスピードで選別ができます。

ただスキットルズは色によって味が異なるのですが、M&M'sは色が違っても中身は同じ…その点では実用的ではなさそうです。そもそも開発費用は6万円を越しているようで実用性を考えての開発ではないことは一目瞭然ですね。Penningsさんは「プロセスで学んだ様々なことを考えると6万円の価値はあった」と語っております。

マクド、ストローを再発明。「2つのフレーバーを口のなかへ…マジックだ…」

image: Willem Pennings - YouTube
source: TNW, Willemm.nl, Willem Pennings - YouTube

(塚本 紺)