怪獣の正体は飲んだくれのアン・ハサウェイだったのです映画『コロッサル』予告編

怪獣の正体は飲んだくれのアン・ハサウェイだったのです映画『コロッサル』予告編 1

その美貌とシアトリカルな演技で知られる女優のアン・ハサウェイが怪獣になっちゃう映画『Colossal』(コロッサル)の予告編のロング・バージョンが公開されました。

動画はMovieclips Trailersより。

ハサウェイが演じる主人公グロリアは、仕事もないし、彼氏からは振られるし、飲んだくれのダメ女。しかし、自分でも知らないうちに、ときどき巨大怪獣として外国で暴れる自分の化身が存在するようで――

グロリア「アォ、今の何?」
男友達「ヘリコプターだよ」
グロリア「ヘリコプターって、パイロットとかも全部一緒に?」

と急に頭に痛みが走ったグロリア。どうやらグロリアの動きが怪獣へ反映されるだけでなく、逆に怪獣の感覚もグロリアへ伝わるようです。

なお、本作に出演しているティム・ブレイク・ネルソン(「ヘリコプターだよ」と言う人物)は、大きな緑のモンスターが暴れまわる映画『インクレディブル・ハルク』にサミュエル・スターンズ役としても知られています。

外国で大暴れしている怪獣が自分の化身で、それによって人が死んでいく……というなかなか実感はわかない状況ですが、一体グロリアはどうやってこの人生の危機/人類の危機に対処するのでしょうか? すでに『Colossal』を鑑賞済みのio9の記者は、本作についてこう書いています。

ワイルドなオリジナル性と大胆さを併せ持つ良作です。詳しく説明したらネタバレになるので書きませんが、このキャラクターの化身が地球の反対側に居るということが、この作品の一番クレイジーな部分ではないとだけは言っておきましょう。

そんな風に言われるとなかなか気になります。アン・ハサウェイのダメ女っぷりもかわいらしい映画『Colossal』はアメリカで4月7日に公開です。怪獣大国日本での公開にも期待しましょう。
もっと読む
巨大化が止まらない二大怪獣。ゴジラとキングコングの成長の記録
ゴジラはこう生まれた。映画「シン・ゴジラ」のCGの裏側
風景画の世界に怪獣たちが出現!

image: YouTube
source: YouTube, io9

abcxyz

あわせて読みたい

    powered by CXENSE