前?後?いいや全部でしょう。360度撮影できるドライブレコーダーで

前?後?いいや全部でしょう。360度撮影できるドライブレコーダーで

ドラレコのトレンドも全天球録画へ?

いざというときの配所だけでなく、単純に記録としてドライブ映像を撮影したい。そんなニーズでもドライブレコーダーは求められています。そして、そのどちらにも当てはまりそうな、ちょっと特徴的なカメラが登場しました。カーメイトが発表した「d’Action 360(ダクション 360)」です。

特徴はその名のとおり、360度の全天球録画が可能なところ。撮影すると360度映像がオリジナルとして保管され、専用PCソフトを使えば下のようなツインカットパノラマカットアングルカットなど用途に応じた切り出しを行なうことができます。

d’Action 360

しかも、ドライブレコーダーとしては珍しく、Wi-Fi機能を搭載。撮影や映像の確認・公開が専用スマートフォンアプリからできるうえ、オプションのバッテリーを付ければアクションカメラとしても利用できるという2in1スタイルなんですって。

記録媒体はmicroSDHC/microSDXCカードで記録画素数は最大2,880×2,880(4K相当:約800万画素)、フレームレートは最大で27.5fps、F値2.0、録画機能は常時録画、衝撃録画、手動録画、静止画撮影。そして別売りの駐車監視オプションがあれば駐車録画にも対応します。

こちらはCARMATEが公開した動画。

発売予定日は2017年2月8日で価格は単品で53,784円駐車監視セットが60,048円、バッテリーが付属するアクションカメラセットは64,368円と、ドライブレコーダーとしては正直かなり高めです。

ちょーっと怯んでしまう価格ではありますが、360度映像で「1.ドライブ時に安心を得たい」「2.アクティビティの思い出を残したい」。このどちらにも応えられるというのがステキじゃないですか?

もっと読む:
24時間働けます。全天球フルタイムストリーミングが可能な「RICOH R」
360度も4KもイケるVRアクションカメラ「360fly」

image: カーメイト
source: カーメイト, CARMATE - YouTube

(小暮ひさのり)